マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 60分~135分
  • 14歳~
  • 2016年~

ヴィニョス:デラックス・エディションマツジョンさんのルール/インスト

143名
0名
10ヶ月前
0

サマリーではない、詳細まで網羅した完全版ルールです。ゲーム中の確認にも便利なように、冗長な記述を省き再整理しました。完全日本語版が入手できなくても、これで大丈夫!(固有名詞を除き、物品の言語依存なし。)

※Eagle-Gryphon Gamesの2016年英語マニュアルの和訳に沿っています。資料集に記載されている、専門家タイル・VIPタイルなどの効果一覧もカバーしました。

★PDF版はこちら↓(BGG)
https://boardgamegeek.com/filepage/231976/japanese-rules-hand


◎ゲームの概要

 プレイヤーはワイン製造業の経営者となり、ワイン畑や醸造所を運営し、商業的な成功を目指す。


◎ゲームの目的

 全6ラウンドの終了後、VP(勝利点)が高い人が勝ち。主な得点源は以下。
1)ゲーム中   :ワインの輸出など。
2)品評会(3回):品評トラックの順位など。
3)終了後    :所持品、輸出の順位点、VIPタイルなど。


◎使用物品

・ゲームボード  1個

・タイル類
 ・年度タイル    9個
 ・ブドウ畑タイル  36個
 ・醸造所タイル   19個
 ・ワイン蔵タイル  12個
 ・専門家タイル   24個
 ・VIP支援タイル  18個(緑)
 ・VIP得点タイル  22個(紫)

・木製コマ
 ・年度マーカー  1個
 ・職人     12個(白)
 ・農家     16個(黒)
 ・知名度コマ  20個(キューブ)

・プレイヤー物品 各4色
 ・個人マット  各色1個
 ・自色ワーカー 各色1個
 ・自色タル   各色8個
 ・自色コマ   各色10個(コマ)

・チップ類
 ・ワインチップ 104個
 ・ポートチップ 6個
 ・現金チップ  57個

・サマリー      4個

・ソロゲーム用カード 18枚

・2010ルール用物品(2016ルールでは使わない)
 ・特徴コマ 4個(シール付きコマ)
 ・品評会タイル 20個(各色5個)


◎セットアップ

共通

ボード

1)メインボードを置く。2016版の面を使う(ワインボトルの絵のラベルで判別)。
2)各プレイヤーは、色を選ぶ。自色の個人マット1個を取る。2016版の面を使う。
3)使わない色の物品(マット・ワーカー・タル・コマ)は、箱に戻す。


年度

1)年度タイルのうち「0」のものは、箱に戻す(2016ルールでは使わない)。
2)残りを裏向きに混ぜる。裏向きの山として、所定位置に置く。一番上1枚を表に返す。
3)年度マーカー(円筒)を、アクションスペースの近くに置く。
4)各人の自色コマ1個ずつを集める。プレイ順トラック上段にランダム順で並べる。


VIP

1)人数に応じたVIP支援タイル(緑)を裏向きに混ぜて、ボード脇に山として置く。
・人数:2/3/4人=「3+」「4」以外/「4」以外/すべてのタイルを使う。

2)山から1枚ずつ引き、人数に合わせた枚数を、所定マスに表向きに置く。
・人数:2/3/4人=左から2列(6枚)/3列(9枚)/4列(16枚)

3)VIP得点タイル(紫)を、以下のように準備する。
・2人用:装飾のあるタイル10枚+タル順位点1枚+現金得点1枚、の計12枚のみを使う。
・タイルを裏向きに混ぜる。裏向きの紫の山の上に、緑の山を重ね、1つの山にする。


専門家

1)専門家を種類別に分けて混ぜる。4つの表向きの山として、所定枠に置く。


労働者

1)職人:人数2/3/4人=7/10/12個をボード所定枠に置く。残りは箱に戻す。
2)農家:人数2/3/4人=9/12/16個をボード所定枠に置く。残りは箱に戻す。


設備

1)ワイン蔵:人数2/3/4人=8/10/12個の表向きの山を置く。残りは箱に戻す。
2)醸造所 :人数2/3/4人=11/15/19個の表向きの山を置く。残りは箱に戻す。


地図

1)プレイ人数2/3/4人=7/8/9個の地域を選ぶ。
・初回プレイ:2/3人用=地域7(Setubal)・9(Algarve)/地域7の除外を推奨。
・2回目以降:ソロゲーム用の数字カードを使い、使用しない地域をランダムに選ぶ。

2)畑タイルを帯の数字(地域を示す)別に分ける。使わない地域のタイルは箱に戻す。
3)金額の面を表にして混ぜ、対応する地域マスに、金額の面が表の山として置く。
4)ポートチップを、地域3(Douro)に置く。
5)知名度コマを地図の空スペースに、まとめて置く。


チップ

1)現金チップとワインチップをそれぞれまとめ、ボード脇に置く。共通の山となる。

プレイヤー

個人物品

1)自色コマ5個:個人マットの各農園枠(5つ)の左端の用地マスに置く。
2)自色コマ3個:VPトラック「0」、品評会トラック「0」、品評会ロゴにそれぞれ置く。
3)自色タル2個:個人マットの右下エリアに置く。
4)自色タル6個:各VIPイラスト3人の横に、各2個ずつを置く。
5)自色ワーカー1個:アクションスペース中央(Pass)に置く。
6)手番に応じた現金を受け取る。プレイ順:1/2/3/4番目=19/20/21/22金。


初期設定1

1)プレイ順に地域を1つ選び、以下を行う。他プレイヤーが選んだ地域も選べる。
・その地域の畑タイル1枚を、山の上から取る(無料)。
・個人マットの農園枠を1個選んで自色コマを取り、選んだ地域に対応する地図マスに移す。
・取った畑タイルを、自色コマを取った農園枠の用地マスに置く。畑の面を表にする。
・知名度コマを山から1個取る。その地域のコマ置場の空マスに置く。

2)初期ワインとして、値2のワインチップ1個を山から取る。
・畑と同じ農園枠の、貯蔵エリア左端マスに置く。畑と同じ色(赤/白)の面を向ける。

3)選んだ地域番号に応じて、以下を適用する(いずれも無料)。
 3)Douro:ポートチップ2個を得る。チップ1個を山に戻し初期ワインを5点と交換可。
 4)Dao:ワイン蔵1個を得る(知名度コマは置かない)。
 5)Ribatejo:農家1個を得る。初期ワインは3点と交換する。
 6)Lisboa:醸造所1個を得る(知名度コマは置かない)。初期ワインは3点と交換する。
 7)Setubal:専門家2個を得る(山から選んで取る)。


初期設定2

1)プレイ順の逆順に、VIP支援タイル1個をボードから選んで取る。
・取ったタイルは、個人マット脇に、表向きのまま置く。

2)全員が取ったら、売場の空マスをVIPタイルの山から補充する(表を向ける)。


◎遊び方

ラウンド

年明け

1)ラウンド2以降:年度タイルの一番上の1枚を捨てる。次のカードを表に返す。
2)年度マーカーを、現ラウンド「1」の位置に置く。


アクション1

1)プレイ順トラックにしたがい、各人が1回ずつ手番を取る。

2)手番では、自色ワーカーを、現在と別のマスに移動する。同じマスは不可。
・隣マス(縦・横・斜め)以外に移動:現金1点を共通の山に払う。
・年度マーカーがあるマスに移動  :現金1点を共通の山に払う。
・他プレイヤーのいるマスに移動  :いる人それぞれに現金1点ずつを払う。
・パスのマスに限り、他プレイヤーがいても支払い不要。
・すでにパスのマスにいて、どのアクションも実行不可のときは、パスを選べる。
・移動コストを払えないか、アクションの必須部分を実行できないマスは選べない。

3)そのマスに対応するアクションを実行する。以下がある。 ※詳細別記
 a)ブドウ畑:ブドウ畑を買う。
 b)醸造所 :醸造所を買う。
 c)ワイン蔵:ワイン蔵を買う。
 d)労働者 :農家/醸造者を雇う。
 e)専門家 :専門家を雇う。
 f)納品  :ワインを売る。
 g)輸出  :ワインを輸出する。
 h)パス  :パスをする。任意で、発表会を行える。

4)移動前か、アクション前または後に、以下を実行できる。※効果詳細は別記
 イ)VIP支援:使うタイルを裏返し、その効果を得る。1手番に1枚まで。
 ロ)専門家  :使うタイルを裏返し、その効果を得る。1手番に1枚まで。


次の手番

1)全員が1回ずつ手番をとるまで繰り返す。
2)プレイ順トラックで下段にあるコマがあれば、すべて上段の同番号マスに移す。
・上段にすでにコマがあるときは、右または左方向に順次スライドさせて空ける。


アクション2

1)年度マーカーを、現ラウンド「2」位置に動かす。
2)更新後のプレイ順で、アクション1と同様に、もう1手番ずつ行う。
3)アクション1と同様に、プレイ順を更新する。


管理

1)年度マーカーを、現ラウンド「B」位置に動かす。
2)納品エリアに自色タルがあれば、1個を手元に戻す(必須)。


生産

1)年度マーカーを、現ラウンドの「ワイン生産」アイコンに動かす。
2)個人マットの各ワインを、1マス右に動かす。マスからはみ出たら、山に戻す。
3)農家と職人を自由に移動する。醸造所は職人1個、畑は農家1個まで置ける。
4)各農園について、生産されるワインの品質点を計算する。※計算方法は別記
5)品質点1点以上なら、その数字のワインチップ1個を得る。0以下はもらえない。
・ワインを畑と同じ色の面にして、その農園枠の貯蔵所の左端マスに置く。


品評会

・ラウンド3・5・6のとき:品評会を行う。※手順は別記


次ラウンド

・ラウンド6なら、ゲーム終了に進む。そうでなければ、年明けに戻り、繰り返す。

ゲーム終了

最後の手番

1)年度マーカーを、ラウンド6の「品評会」アイコンの右横に移動する。
2)プレイ順トラックにしたがい、各人が最後の1手番をとる(発表会は実行不可)。
3)全員が手番を終えたら、得点計算に進む。


得点計算

・以下の得点を加算する。
1)現金。ボードの表にしたがい、VPを得る。
2)各ワインごとに、その品質点の半分(端数切捨て)をVPとして得る。
3)輸出エリア各列の自色タル個数の順位に応じたVPを得る。同点は分配(切捨て)。
4)自色タルのあるVIP得点タイルから、VPを得る。※詳細別記。タルなしは無効。


勝敗

・もっともVPが高い人が勝ち。
・同点なら、①タルが輸出エリアに多い人、②現金が多い人、の優先順で決める。


◎アクション

a)ブドウ畑

1)地域を1個選び、畑タイルの山から上1枚を取る。記載の現金を払う。(必須)

2)タイルを裏返し、畑の面にする。空いている用地マスいずれかに置く。
・各農園枠で最初の畑のとき :用地の自色コマを取り、地域に対応する地図マスに移す。
               すでにコマがあるときは、重ねて置く。
・各農園枠で2番目の畑のとき:自色コマの移動は行わない。
・同じ農園枠に置く畑は、同じ地域、かつ同じ色(赤/白)でなければならない。
・すでに同じ地域の畑を持っていたら、同じ地域の農園枠か、別の農園枠のいずれにも置ける。
・農園枠にすでに醸造所があれば、その醸造所の色を畑の色と合わせる(表裏を変える)。

3)知名度コマを山(あれば)から取り、その地域のコマ置場の空マス(あれば)に置く。

4)その農園枠に配置済の醸造所・ワイン蔵に知名度コマがあれば、コマ置場の空マスに移す。

5)望むなら、別のもう1地域(合計2地域まで)を選び、畑1個を同様の手順で買える。
・同じ地域から2個は買えない。

b)醸造所

1)現金3点を払う。醸造所タイル1個をボードから取る。(必須)

2)農園枠を1個選び、空いている用地マスいずれかに置く。
・醸造所は、畑と同じ色の面を向ける。まだ畑がないときは、いずれかの面で仮置きする。
・各農園枠に、醸造所は2個まで置ける(3個置くと畑がなく、ワイン生産できない)。

3)知名度コマを山(あれば)から取り、その地域のコマ置場の空マス(あれば)に置く。
・その農園枠に畑がまだないときは、醸造所の上にコマを仮置きする。

4)望むなら、もう1個(合計2個まで)を同様の手順で買える。

c)ワイン蔵

1)現金3点を払う。ワイン蔵1個をボードから取る。(必須)

2)農園枠1個を選び、貯蔵エリアを覆うように置く。農園枠1個につき1個だけ置ける。
・すでに貯蔵エリアにあるワインは、タイルの同じ位置(左から1、2番目)に移す。

3)知名度コマを山(あれば)から取り、その地域のコマ置場の空マス(あれば)に置く。
・その農園枠に畑がまだないときは、ワイン蔵の上にコマを仮置きする。

4)望むなら、もう1個(合計2個まで)を同様の手順で買える。

d)労働者

1)ボードから職人1個か農家1個を取る。職人/農家=現金3/2点を払う。(必須)

2)個人マットの対応するタイルに置く。置けないときは買えない。
・職人は醸造所1個に1人まで、農家は畑1個に1人まで置ける。

4)望むなら、もう1個(合計2個まで)を同様の手順で買える。1個目と違う種類でもよい。

e)専門家

1)現金1点を払う。ボードの専門家の山1個を選び、上から1個を取る。(必須)

2)表向きのまま、ボード脇に置く。何個でも持てる。

3)望むなら、同様の手順で、もう1個(合計2個まで)取れる。別の山からでも可。

f)納品

1)売るワイン1個を選ぶ。そのワインの価値点を計算する。 ※計算方法は別記
・知名度コマによる加点は、価値点が不足するときだけ行ってよい。

2)手持ちの自色タル1個を、納品エリアの空マスに置く。(必須)
・価値点以下の数字で、かつワインの色が同じ空マスだけを選べる。
・一度置いたタルは、指示がない限り動かせない。

3)選んだワインを山に戻す。タルを置いたマスの数字だけ、現金を受け取る。

4)望むなら、もう1個(合計2個まで)を同様の手順で売れる。

g)輸出

1)輸出するワイン1個を選ぶ。そのワインの価値点を計算する。 ※計算方法は別記
・知名度コマによる加点は、価値点が不足するときだけ行ってよい。

2)手持ちの自色タル1個を、輸出エリアの空マスに置く。(必須)
・価値点以下の数字の空マスだけを選べる。2人用:2人用エリアだけに置ける。
・一度置いたタルは、指示がない限り動かせない。

3)選んだワインを山に戻す。タルを置いたマスの数字だけ、即時VPトラックを進める。

4)望むなら、もう1個(合計2個まで)を同様の手順で輸出できる。

h)パス

1)プレイ順トラックの自色コマを、下段のいずれかの空マスを選んで移動する。(必須)

2)続けて、発表会を行うことができる。行わなくてもよい。※発表会手順は後述
・自色コマが品評会ブースに移動済、またはワインを持っていないときは、発表会はできない。


◎発表会・品評会

発表会

1)出すワイン1個を選ぶ。そのワインの価値点を計算する。(必須) ※計算方法は別記

2)価値点だけ、品評トラックの自色コマを進める。
・地域1(Tras-os-Montes)のワイン:品評トラックを追加で2歩進める。

3)空ブース1個を選び、自色コマを移動する。記載ボーナスを即時に得る。
・ボーナスの内容:なし/専門家1個/現金3点/品評トラック3点。

4)望むなら、専門家を使って品評トラック点をさらに得られる。
・特徴(味・香り・外観・度数)が年度タイルと一致する、表向きの専門家だけを使える。
・年度タイル記載の特徴マーク1種類につき、専門家1枚までを使える。
・使ったら、年度タイルのその特徴のマーク数だけ、品評トラックの自色コマを進める。
・専門家に矢印マークがあれば、品評トラックをさらに1歩進める。
・使った専門家は捨て札になる。対応する山の一番下に、表向きで戻す。

5)条件を満たせば、対応するVIPエリアから、自色タルを手元に取れる。(任意)
・条件は、VIP別(記号ABC)に、年度タイルに記載されている。
 ・記号A)アナベラ  :ワインの色が、記載と一致すること。
 ・記号B)ブルーノ  :ワインの価値が、記載の値以上のこと。
 ・記号C)キャロリーナ:ワインの産地が、記載の地域番号と一致すること。
・同じVIPから取れる自色タルは、発表会1回につき1個まで。
・最大2人のVIPから、自色タルを取れる。条件を3つ満たしたら、2箇所を選んで取る。

6)選んだワインを山に戻す。

品評会

1)年度マーカーを、現ラウンドの品評会マークに動かす。

2)プレイ順に発表会を行う。(必須)※手順は上述
・品評会ブースに自色コマがある人、またはワインを持っていない人は、発表会はできない。

3)各プレイヤーの品評点を比較する。順位に応じたVPを得る。
・ラウンド3:1/2/3/4位=9/6/3/0VP
・ラウンド5:1/2/3/4位=12/8/4/0VP。
・ラウンド6:1/2/3/4位=15/10/5/0VP。

・同点のときは、その順位の点数を対象者で分ける(端数切捨て)。
・4位の人は、専門家の山から1個を選び、上の1枚を取る。
・4人用:最終順位が同点のときは、VPに加え、対象者全員が専門家1枚ずつ、手番順に得る。
・2人用:2位に代えて、3位のVPを用いる。

4)プレイ順トラックを、ブースの各色コマの順番に合わせて更新する。

5)ブースの各色コマを、品評会ロゴ位置に戻す。

6)更新後のプレイ順で、VIPタイルの購入機会を持つ。機会では、以下いずれかを行う。

 a)ワイン1個を捨てて、タイル1個を得る。
 ・同じ種類(アイコン)のVIPタイルは、1枚までしか持てない。
 ・VIP支援タイル:表向きに、マット横に置く。
 ・VIP得点タイル:自色タルが手元にあるときだけ買える。
         買ったら、表向きにマット横に置き、その上に自色タル1個を置く。
         置いたタルは、指示がない限り動かせない。

 b)パスする。パスをした人は、このラウンドで以降の購入機会は無くなる。

7)全員がパスするまで、何周も繰り返す。
8)売場に残ったVIPタイルをすべて捨てる。山から1枚ずつ引いて補充する。
9)ラウンド3・5なら、各プレイヤーの専門家・VIPタイルをすべて表に戻す。


◎共通

物品

・現金・ワインは無限と扱い、尽きたら代替物を使う。それ以外は有限(尽きたら取れない)。

品質点

・各農園で生産されるワイン品質点(ワインチップの数字)は、以下の合計値で計算する。
・畑がない農園は、ワインを生産できない(品質点は0点)。
 イ)畑・農家  :畑タイル1個につき2点、農家1人につき1点。
 ロ)醸造所・職人:醸造所 1個につき1点、職人1人につき2点。
 ハ)ポートワイン:地域3(Douro)に限り、ポートチップを山に1個戻すと3点追加できる。
 ニ)年度タイル :タイル記載の天気による補正値(最大±2点の範囲)

価値点

・納品・輸出・発表会でのワインの価値点は、以下の合計値で計算する。
 イ)ワイン品質:ワインチップの数字の点数。
 ロ)熟成   :ワインが置かれた貯蔵所(倉庫・蔵)のマスに書かれた点数。
 ハ)産地   :産地が地域9(Algarve)なら、常に1点追加。
 ニ)知名度  :その地域の知名度コマ1個を山に戻すごとに1点。0~2個を使える。
         地域8(Alentejo)は、知名度コマ1個につき2点となる。


◎地域・専門家・VIP

地域の効果

・同じ地域の畑タイルを複数持っていても、得られる効果が増えることはない。
1)Tras-os-Montes:品評会にこの産地のワインを出すと、品評トラックを追加で2歩進める。
2)Minho:この地域の農園には、ワイン蔵は作れない。
3)Douro:ポートチップ2個を得る。
4)Dao:この地域の農園に、無料でワイン蔵1個を置く(知名度コマは対象外)。
5)Ribatejo:この地域の農園に、無料で農家1個を置く。
6)Lisboa:この地域の農園に、無料で醸造所1個を置く(知名度コマは対象外)。
7)Setubal:専門家2人を、無料で得る。
8)Alentejo:この地域の知名度コマは、1個につき2点の価値がある。
9)Algarve:この地域のワインは、常に価値点が+1される。

専門家
タイル

イ)現金2点を得る。
ロ)VIPエリア以外のどこからでも、自色タル1個を手元に戻せる。
ハ)アクション選択時、コマ移動による現金コストが、すべて無料になる。
ニ)ワイン畑アクションでワイン畑を買う前に、1地域の畑タイルの順番を自由に変える。
ホ)知名度コマを1個、1地域を選んで置く。
ヘ)この手番、ワイン畑アクションで買う畑1個につき、現金支払いを1点減らす。

VIP
支援タイル

イ)納品アクションを1回行う。    
ロ)輸出アクションを1回行う。
ハ)現金1点で、ワイン蔵1個を得る。 
ニ)現金1点で、ワイン畑1個を得る。
ホ)現金2点で、醸造所1個を得る。  
ヘ)無料で、専門家1個を得る。
ト)現金2点で、職人1個を得る。   
チ)現金1点で、農家1個を得る。
リ)品評トラックを2歩進める。

VIP
得点タイル

・自色タルのないタイルは無効。四角枠の数字は、そのタイルからの最大VPを示す。
イ)用地が3マスとも埋まった農園枠1個につき、記載VPを得る。
ロ)VIPタイル(緑または紫)1枚につき、記載VPを得る。
ハ)VIPから得た自色タル1個につき、記載VPを得る。
ニ)醸造所1個につき、記載VPを得る。
ホ)ワインチップ1個につき、記載VPを得る。
ヘ)ワイン畑1個につき、記載VPを得る。
ト)職人1個につき、記載VPを得る。
チ)農家1個につき、記載VPを得る。
リ)ワイン蔵1個につき、記載VPを得る。
ヌ)専門家タイル(裏向きも可)1個につき、記載VPを得る。
ル)輸出エリアで自色タルがもっとも多い列1列につき、4VPを得る。同点のときは2VP。
ヲ)ゲーム終了時の現金からの得点方法を、このタイルの内容に置き換える。



【お知らせ】当方ブログでは、200タイトル以上のボードゲームについて、詳細レビューを書いています。ゲームの全体像・遊びやすさ・入手性などなど、次のボードゲーム選びの参考になる情報が満載! ぜひ一度、ご訪問ください。ませ。↓↓↓

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 164興味あり
  • 186経験あり
  • 66お気に入り
  • 202持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿