• 2人~5人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2012年~

ベガス鬼島彪さんのレビュー

107
名に参考にされています
2017年01月15日 21時50分

ダイス目の1~6に対応したカジノに5万以上になるように金額カードを配ります、金額次第で1枚から5枚のカードが置かれます、これを手にれるために其々のカジノで優越を競うのですが、1手番に置けるのは同じ目のダイスを全部で、残りは次の手番に再度振り直した中から置くことに。

全員のダイスが置かれたら各カジノでの優越を競うのですが、同じ数のダイスはブッキングで権利が無くなるので、毎手番に置くときの駆け引きが必要になります、最後の出目は無条件でその数字のカジノに置くことになるので、その結果ブッキングして、ダイス1個で勝者になる場合も。

悪魔のささやき戦術とか、ワイワイ喋りながら楽しめるゲームです。

鬼島彪さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 67興味あり
  • 424経験あり
  • 124お気に入り
  • 218持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力9
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルベガス
原題・英題表記Las Vegas
参加人数2人~5人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ベガスのレビュー

  • 67
    名に参考にされています
    2017年05月31日 16時05分

    単刀直入にギャンブルゲームです⸜(๑⃙⃘'ᵕ'๑⃙⃘)⸝そりゃもう負けたくありません(爆笑)サイコロを振って、かけていくゲームなので運要素が強いです。ただ、何処にかけるかなど他のプレイヤーの様子も見ながら遊びますので、完全運ゲーじゃないかなと個人的には感じました୧(ᕯ˙ᗨ˙ᕯ)୨♡.*゜賞金を多く取ったプレイヤーの勝ちです⸜(๑⃙⃘'ᵕ'๑⃙⃘)⸝⋆︎*まず6枚のカードがあります。このカードはサイコロの目を表します。そして各数字には賞金が付与されます。その場合必ず5万ドル以上にしてください。付与時に9万の償金額が出た場合はその額も適用され、次のカードへ付与します。ちなみに1-9万まで償金...

    さきさんのレビューを読む
  • 97
    名に参考にされています
    2017年05月24日 12時32分

    6つのカジノには、1から6までの番号がふってある。このカジノに山札のお金を1番のカジノから5万以上なるまで引いていく。山札のお金は1万から9万まである。そうすると、例えば1番は6万1枚、2番は3万1枚、1万2枚などとなる。各番号はお金の大きい順番に並べかえて準備完了。プレーヤーは8つのダイスをふって勝てそうな番号のついたカジノに同一のダイスをおく。ダイスは同一数字をひとくくりとして1回にひとつのカジノにしかおけないので、ゾロ目のダイスをカジノにかけるのがいい。次の人も同じようにやり、また自分のターンで残りのダイスをふってまたカジノにかける。 最後のダイスがなくなるまで順番にやる。ひとつの...

    m1114toyさんのレビューを読む
  • 71
    名に参考にされています
    2016年10月15日 10時29分

     それぞれの報酬額の決められた1から6のカジノに、各自の色のサイコロの個数で争い、より多くの報酬額を集めるダイスゲーム。 手持ちの全サイコロを一度に振り、出目の中から選んでカジノに置いていく。報酬額の大きいカジノを一気に押さえるか、様子を見ながら少しずつ置くか迷います。 高額カジノでダイス数を張り合う者(他の色のダイスと同数だと無効になるので徒労に終わることもある)や、少額カジノを多く押さえようとする者もいます。そこここで取り合いが発生しますが、誰もが出たダイス目を生かした選択によるものが多いので、結果的に足のひっぱりあいになっても険悪な感じにはならないため気軽にケンカが売れる(?)感じ...

    Pinoさんのレビューを読む
  • 47
    名に参考にされています
    2016年07月07日 22時04分

    1〜6のダイスの目が描かれたカジノのカードが場にあります。そこにランダムでお金が置かれ、そのお金をたくさん集めたプレイヤーが勝利します。そのお金の獲得は、各プレイヤー手持ち8個のダイスを振り、出た目を場と同じ目で前に出します。つまり、それぞれのプレイヤーは場にあるお金をダイスの目を使って競るゲームです。ただし、ダイスが同数の場合は相殺されますので、抜きん出たり、こっそり3番目になり、場にあるお金の2枚目をもらったりとダイス運プラス駆け引きがとても楽しいゲームです。
    あえて勝負! いやいや ここは 安全に。。。 などなど、場の盛り上がるゲームです。

    きぬりすさんのレビューを読む
  • 20
    名に参考にされています
    2016年04月19日 19時46分

    ダイスの目の数の6つの場がありそれぞれにお金が置かれます。
    各プレイヤーは8つのダイスを持ち、手番になると全てをふり
    出目の中から欲しい場のダイスがあればそのダイスを全て置きます。
    それを繰り返し全員が全てのダイスを置き集計を始めます。
    場はダイスを一番多くおいた人が賞金を獲得。ダイスが同数だった場合
    総殺され次に多い数の人が獲得になります。
    これを4回繰り返し賞金が一番多いプレイヤーが勝利。
    簡単なルールなのにハラハラドキドキできる
    ゲームです(^∇^)y

    紙の城:亞猫【あにゃん】さんのレビューを読む
  • 18
    名に参考にされています
    2016年03月23日 20時05分

    ダイスを振って、報酬を狙ってそれぞれの出目に該当するカジノにダイスを配置。
    配置数が多ければ報酬がもらえるが、同数だと共倒れに……。

    報酬の配置で一喜一憂。ダイスの出目に一喜一憂。カジノへの配置にまた、一喜一憂。
    ダイスを振って置くだけなのに、悲喜交々の悲鳴と歓声が上がります。
    特に、NPCダイスを含めてのプレイは、ままならなさのジレンマが倍増します。

    ダイスゲーの中では1,2を争うほど、おすすめです。

    辰城さんのレビューを読む
  • 40
    名に参考にされています
    2016年03月06日 23時49分

    サイコロを振って、その出目を、1~6いずれかのカジノに置いていくだけ。
    そして置いている個数の多いプレイヤーが、そのカジノにおいてあるお金をもらうだけ。
    ただそれだけ、ただそれだけなのになぜこんなにおもしろいのか!
    面白さの鍵となるのがバッティングシステム。
    たとえ、個数が多くても、誰か一緒の個数を置いている人がいたら
    お金を貰う権利を失うという、この一触触発システム!
    「そのサイコロそこに置かないよね?」「いやいや、そっちの6を置いたほうが(俺の3がバッティングするし)」と言った、会話の駆け引きが自然と出てくる素晴らしいゲームデザインです!

    ナベさん/らいとぱわーさんのレビューを読む
  • 68
    名に参考にされています
    2016年02月29日 09時11分

    ラスベガスのギャンブラーとなって6つのカジノでダイス勝負するゲームです。
    それぞれのカジノで置かれているサイコロが多い人が多い順から高額紙幣を獲得出来ます。
    ただし、同じ数のサイコロを複数の人が置いていた場合それらの人は紙幣獲得の権利を失います。
    インストも簡単で少額でも手堅く稼ぐか、リスクを承知で一攫千金を狙うかを考え誰でも手軽に遊べるゲームです。
    3人以上で遊ぶのがオススメです!

    ままさんのレビューを読む

鬼島彪さんのレビュー

会員の新しい投稿