マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~8人
  • 15分前後
  • 8歳~
  • 2019年~

ツカナ諸島の小道マツジョンさんのルール/インスト

41名 が参考
1名 がナイス
約2ヶ月前

サマリーではない、詳細まで網羅した完全版ルールです。ゲーム中の確認にも便利なように、再整理しました。完全日本語版が入手できなくても、これで大丈夫!

※Aporta Gamesの2020年・英語版マニュアルの和訳に沿っています。


◎ゲームの概要

 ツカナ諸島にある村々と、さまざまな名所を小道でつなぎ、交通を便利にしよう。


◎ゲームの目的

 所定数の小道をつないだら、ゲーム終了。以下要素から得られる得点が高い人が勝ち。
1)村と名所をつなぐことによる得点。
2)村と村をつなぐことによる得点、および先着順のボーナス。


◎使用物品

・村配置カード 13枚

・地形カード 27枚

・ボーナスカード 青10枚、赤5枚

・地図シート 1冊(両面仕様)

・鉛筆 8本


◎準備

ボーナス

1)ボーナスカード青を、場の中央に、表向きに並べて置く。
・2~4人用:右上に#1の記載がある5枚だけを置く。残りは箱に戻す。
・5~8人用:同じ文字のカード各2枚を、#1が上になるように重ね、計5組を置く。

2)赤のボーナスカードは箱に戻す(バリアント用)。

地図

1)各プレイヤーは、地図シート1枚を取る。
・イスラ・プチの面を使う。裏面のイスラ・グランテは、バリアント用。

2)親(地形カードをめくる人)を決める。

3)親は、地形カードを混ぜる。裏向きの山にして、手元に置く。

4)以下の順で、セットアップを行う。
・親が、村配置カードを混ぜる。1枚を引き、場の中央に置く。
・親は、カードの文字(A~E)を、12時の方向から時計回りに、順番に大きな声で読む。
・各プレイヤーは、地図にある村(円)に、読まれた文字を、順に書き込む。
 ・親は、1番の村を起点に、時計回りに書き込む。
 ・親の左隣の人は2番の村から、その隣は3番から…と、起点をずらして書き込む。
・村配置カードを箱に戻す。



◎遊び方

ターン

各ターンは、以下の手順で行う。

1)親は、地形カード2枚を引く。場の中央に、並べて置く。

2)親は、置いたカードの地形を、大きな声で言う。「砂と水!」など。

3)各プレイヤーは、同時に、小道1個を鉛筆で描く。
・小道は、地形カード2枚と同じ2つの隣接する地形の中心間を結ぶ線として描く。
・小道は、以前描いた小道とつながってもよいし、つながらなくてもよい。分岐してもよい。
・地形カードにはワイルドカードがある。この場合、どの地形でも選べる。
・地図上に、条件を満たす場所がないときは、小道を引けない。

4)いずれかの村と、いずれかの名所が小道でつながったら、以下を行う。
i)対応する名所の得点を、枠に沿って囲む。1番目は左の丸枠、2番目は右の四角枠。
ii)2番目の名所をつないだときは、ボーナスとして好きなところに小道1個を引ける。
・ボーナスの小道により、他の2番目の名所もつながったら、続けてボーナスを得られる。
・1つの村が複数の名所につながってもよい。
・1個の小道で、複数の名所が同時につながったら、好きな順で処理してよい。

5)同じ文字の村どうしが小道でつながったら、以下を行う。
i)対応する村の得点を、丸枠に沿って囲む。
ii)対応する村のボーナスカードが残っていれば、その点を得る。カードは箱に戻す。
・ボーナス点は、得点表の黄色枠に、数字で記入する。
・同時に複数のプレイヤーが同じ村をつないだときは、その全員がボーナス点を満額得られる。
・5~8人用:ボーナスカードは2枚ある。1枚目は得点が高い。

次のターン

1)全プレイヤーが手順を終えたら、次のターンを同様に繰り返す。
・新しい地形カードは、以前のカードの上に重ねるように置く。

2)山のカードが1枚だけになったら、このラウンドは終了。
・ラウンド2が終了したら、ゲーム終了に進む。

次のラウンド

1)各自、名所の得点を合計する。得点表の「Ⅰ」の欄に、結果を数字で記入する。

2)地形カードをすべて集め、混ぜる。

3)ラウンド1と同様に、ラウンド2を行う。

ゲーム終了

1)各自、名所の得点を合計する。得点表の「Ⅱ」の欄に、結果を数字で記入する。
・ラウンド1で得点した名所も含めて、すべての得点を合計する。

2)村の得点を合計する。得点表の村の欄に、結果を数字で記入する。

3)ボーナスの得点を合計する。得点表のボーナスの欄に、結果を数字で記入する。

4)すべての得点を合計する。これが最終得点となる。

勝敗

・最終得点がもっとも高い人が勝ち。
・引き分けの場合、ボーナスによる点が高い人が勝ち。それでも同点なら、引き分け。


◎バリアント

イスラ・グランテ

通常ルールにしたがう。以下の点が異なる。
・地図シートの裏面「イスラ・グランテ」を使う。
・3ラウンドを行う。各ラウンドで名所の点を集計し、Ⅰ~Ⅲの欄に書く。
・各名所は、3個ずつある。小道ボーナスは3個目をつないだときに得られる。

ボーナスカード赤

通常ルールにしたがう。以下の点が異なる。
・セットアップ時、ボーナスカード赤を裏向きに混ぜる。以下の枚数を引く。
 ・2~4人用:1枚
 ・5~8人用:2枚
・ゲーム中、示された名所どうしを最初につないだ人は、ボーナスを得られる。
・誰かがボーナスを得たら、そのカードは箱に戻す。

セットアップのバリアント

村配置を決めるとき、以下の方法をとってもよい。

a)村配置のランダム化
・村配置カードを引く前に、親は1~10の好きな数字を言う。
・村配置カードを引いたら、親は言った数字の村を起点に、文字の記入を開始する。
・親の左隣の人は、その数字+1、次の人は+2…と、起点を設定する。

b)反時計回り
・親の右隣(左でなく)の人は2番の村から…と、通常と反対に起点を設定する。

c)同じ配置
・全員が、同じ数字の村を起点に、文字を記入する。

1人用(ソロ)

通常ルールにしたがう。以下の点が異なる。高得点を目指すのが目標。
・セットアップ時、ボーナスカード青は、#1でなく#2だけを使う。
・所定ラウンド終了後、ボーナスカード青を裏向きに混ぜる。2枚だけを残し、箱に戻す
 ・イスラ・プチ:ラウンド1の終了後
 ・イスラ・グランテ:ラウンド2の終了後
・最終ラウンドでは、有効なボーナスカードは2枚だけになる。
・最終ラウンド前に、ボーナスカードが2枚以下だったら、そのままゲームを続ける。

<達成度> イスラ・プチ/イスラ・グランテの得点
1)イエティよりはマシかな。    50~/110~
2)今日は浜辺で休憩しよう。    60~/125~
3)市長が夕食に招待しているぞ。  70~/140~
4)君の名は石碑に刻まれるだろう。 80~/155~
5)海龍も驚くほどの成果だ。    90~/170~
6)ツカーナにはもったいない。   100~/185~

※複数人プレイでも上は使えるが、得点はプレイ人数により変化する。


ゲーム内容について、以下レビューを書いています(ボドゲーマ内)。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
VIERA
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 46興味あり
  • 107経験あり
  • 32お気に入り
  • 65持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力9
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルツカナ諸島の小道
原題・英題表記Trails of Tucana
参加人数1人~8人(15分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿