マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~6人
  • 45分~60分
  • 14歳~
  • 2019年~

タイニータウンマツジョンさんのレビュー

150名 が参考
0名 がナイス
約1ヶ月前

「町づくり」がテーマのゲームを比較検討しました。子供と遊ぶのを前提に、1時間程度で終わるもの4件を選びました。


検討対象

1)アルハンブラ
2)クアドロポリス
3)タイニータウン
4)リトルタウン・ビルダーズ


タイニータウン(Tiny Towns)  

 不思議な生き物が暮らす世界が舞台。限られた土地と資源を有効に活用して、住みやすい町を作ります。個人ボードは4×4マス。ここに資源を並べることで、建物コマと交換できます。建物の種類ごとに、必要な資源の種類と並べ方が決まっています。資源は、親が選んだ種類を、全員が同時に置きます。建物によって得点のしかたが異なります。多数の種類の建物から、毎ゲーム、異なる組合せの建物がランダムに選ばれて登場します。1~6人、30分、14歳以上。

[3]Alderac Entertainment Group: Tiny Towns
https://www.alderac.com/tiny-towns


<良さそうなところ>

  • 建物コマ。いろいろな形があって、カラフルで、かわいらしい。
  • 建築のしかた。資源を決められた形状で並べると、建物コマを置ける、というのがユニーク。どの資源を使うかを、親プレイヤーが選ぶというのも楽しそうだ。
  • 日本語版が普通に入手できる。


<いまひとつのところ>

  • 建築のしかた。建物が増えるほど、資源を置きにくくなる。かなりパズルチックな展開になりそうだ。小さな子供(長男7歳、次男5歳)には、たぶんまだ難しそうだ。対象年齢14歳以上とあり、今回の候補の中では、ルールがもっとも複雑に見える。
  • 言語依存。建物の点数計算は、カードに文字記載である。しかも、複雑である。小さな子供には理解できそうにない。
  • 得点計算。建物ごとに点数計算方法が異なる。しかも、建物の種類が非常に多く、1ゲームでは1/4しか登場しない。ひととおりの建物を試す前に、ルールブックの参照が面倒くさくて、音をあげてしまいそうだ。


他の「町づくり」ゲームとの比較詳細は、以下ブログに書きました。


この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
タイニータウン
タイニータウンの通販
最高の"小さい街"を建てるのは誰?
残り2点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 5,280(税込)
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 252興味あり
  • 686経験あり
  • 162お気に入り
  • 398持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力21
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見18
作品データ
タイトルタイニータウン
原題・英題表記Tiny Towns
参加人数1人~6人(45分~60分)
対象年齢14歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿