マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 60分~120分
  • 10歳~
  • 2016年~
140
名に参考にされています
2018年07月03日 06時22分

線路や航路を伸ばし、目的地の都市と都市を結んでいくゲーム。

基本のルールとしては「チケット・トゥ・ライド」シリーズ共通で、手札を使用して路線を獲得していくのですが、複雑な資源の種類やコストなどは無く、例えば、赤いマスが5マスの区間に線路を引きたい場合には、赤い列車のカードを5枚を使用する、というシンプルなルール。

この「レイル&セイル」の大きな特徴は、線路だけでなく航路が登場し、別カード別コマとなっていること。
それと、世界地図の方(本作はマップの裏表で若干ルールの異なる「世界地図」「五大湖」の2つのマップがプレイできます。)では、マップの左端と右端が繋がっている扱いこと。

このマップの左端と右端が繋がっている扱いなところが、個人的にこのシリーズで本作が一番好きな理由です。
(自分の目的地間で他プレイヤー達の混戦があると横切ることが出来ずに詰んでしまっていたところが、逆回りで向かうという選択肢が出来たのは大きいです。)

ボードが非常に大きく(八つ折りで大箱サイズ)、コマの残り個数が終了条件になる関係上ゲーム開始時に1人60個のコマ数確認が必要になるため、プレイスペースの確保が重要ですね。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Dさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 21興味あり
  • 47経験あり
  • 9お気に入り
  • 45持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルチケットトゥライド(乗車券):レイル&セイル
原題・英題表記Ticket to Ride: Rails & Sails
参加人数2人~5人(60分~120分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Dさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク