マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 10分前後
  • 4歳~
  • 2014年~
14名 が参考
1名 がナイス
24日前

 小さい子供も遊べる、「間違い探し」ゲームです。

  AMIGO社のカードゲーム「Shau mal! Was ist anders?(シャウマール、ヴァス・イスト・アンデルス?;よく見てごらん、どれがかわったの?)」。
20191207zc200.jpg


 1人が親となります。親は、他のプレイヤーに目をつぶってもらい、その間に、場のカードの1枚を裏返します。カードは、表と裏で、ちょっとだけ違う絵柄になっています(写真では、牛がくわえている花が草になっている)。裏返したら、目をあけてもらいます。そして、最初に違いを見つけた人が、自分の手札から1枚を場に出すことができます。手札を出した人が、次の親となり、ゲームを続けます。最初に手札がなくなった人が勝ち。

 一通りのカードの表裏を覚えてしまえば、あとはこんなの簡単だよ、と思っていたのですが、そうでもありません。数枚、違いを記憶しにくいカードがあり、それにばかり気をとられていると、ノーマークのカードの変化に気が付かず、どれが変わったか分からない、ということがよくあります。神経衰弱同様、大人になるほど、子供に差をつけられるゲームかもしれません。気を抜くと子供に大敗してしまうので、真剣にならざるを得ません。5歳くらいから、そこそこ遊べます(パッケージ表示は4歳~)。
20191207zc203.jpg 20191207zc204.jpg 

 その他、子供と遊べるカードゲームについて、以下ブログに書いています。


この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
18toya
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 50経験あり
  • 2お気に入り
  • 40持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルよくみてごらん!? / どこがかわったの?
原題・英題表記Schau mal! Was ist anders?
参加人数2人~6人(10分前後)
対象年齢4歳から
発売時期2014年~
参考価格1,510円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿