マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~3人
  • 15分~30分
  • 10歳~
  • 2020年~

サイジュKanareさんのルール/インスト

28名 が参考
0名 がナイス
20日前

日本語ルールシートをネスターゲームズのサイトから見ることができます(https://nestorgames.com/rulebooks/SAIJU_JP.pdf)。これは英語からの翻訳の形になっているので、以下では日本語話者向けにもう少しかみ砕いたルールを記載します。


【ゲームの準備】

1. 適当な方法でどのプレイヤーが雪・月・花のどれを自分のシンボルにするか決めます。二人プレイの場合、残ったシンボルが自動的に中立のシンボルになります(ルールシートでは便宜的に二人プレイの場合は雪と月を使用するとしていますが、もちろん好きに決めて構いません)。

2. ボードの横に36個のストーン(白・黄・ピンクからなるカラーストーン)を、色・シンボル別にきれいに整列させて並べます(ゲームの進行中、どのストーンがどれだけ残っているかを把握しやすくする必要があります)。自分のシンボルを失念しないように、それぞれ自分のシンボルが自分の近くに来るような配置にすると良いでしょう。

3. 「雪」のプレイヤーが「月」の黒いストーン(シャドウストーン)をボード上の好きな位置に配置します。続いて「月」のプレイヤーが「花」のシャドウストーンを、「花」のプレイヤーが「雪」のシャドウストーンをそれぞれ配置します。二人プレイの場合、雪・月・花のうちで早い方のプレイヤーが相手のシンボルのシャドウストーンを配置し、他方のプレイヤーが残りの2つのシャドウストーンを配置します。以後もこの順でゲームをプレイします。

セットアップの例

【ゲームプレイ】

手番のプレイヤーは以下の手順でボード上にカラーストーンを配置します。

1. ボード上にあるシャドウストーンを一つ選び、それと同じシンボルのカラーストーンに置き換える(色はどれでもよい)

2. 置き換えたシャドウストーンをボード上の空いている場所に再配置する。

上の手順で、1回の手番で別のシンボルのカラーストーンを2つまで置くことができます。置くストーンを1つにとどめておくことはできますが、1つも置かずにパスすることはできません。


【エキストラアクション】

上の手順でカラーストーンを配置した際、もしそのシンボルのカラーストーンがボードの横にあと1つしか残っていなかった場合、その残りの一つを続けて配置することができます。これはその残りの一つを置く場所を選ぶ余地がその時点ですでにないためで、この配置は手番中の2つのアクションとしてカウントされません。対応するカラーストーンがなくなったシャドウストーンはボードから除外します。

上記と同じ理由で、ボードの横に残っているカラーストーンが全て同じシンボルかつ同じ色のものしかなくなった場合、手番のプレイヤーはただちにそのカラーストーンをボードの残りの場所にすべて配置し、最後のシャドウストーンをボードから除外してください。これによりゲームは終了します。


【得点】

ボード上で隣接しあっている同色のカラーストーンのグループをチェックします。得点の対象になるのは「3つ以上からなる同色のグループ」で「雪・月・花のシンボルのうち2種類以上が含まれるもの」かつ「他のプレイヤーより自分のシンボルが多く含まれているもの」です(二人プレイの場合、中立のシンボルの数の方が多くても相手より自分のシンボルの数の方が多ければ自分の得点になります)。

該当するグループがあれば、そのグループに含まれるすべての種類のストーンの数に等しい得点が得られます。さらにそのグループに3つのシンボル全てが含まれている場合、そのグループからの得点は2倍になります。該当するグループの得点をすべて合計し、総得点のより多いプレイヤーが勝利します。

同点の場合、各自が獲得しているグループを比べ、まず3種類のシンボルがすべて含まれるグループでより大きいグループを獲得しているもの、それが同数であれば2種類のシンボルを含むグループでより大きいグループを獲得しているものが勝利します。それでも同数であれば引き分けです。


2人プレイ(雪・月)の場合、雪:16(5×2+3+3)、月:16(8×2)で同点だが、3つのシンボルを含むグループの大きさ(5対8)により月のプレイヤーが勝利する。3人プレイの場合、雪:13、月:0、花:19で花のプレイヤーの勝利。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
国王
Kanare
Kanare
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 1経験あり
  • 1お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルサイジュ
原題・英題表記Saiju
参加人数2人~3人(15分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿