マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 90分~120分
  • 2017年~

リバーボート荏原町将棋センターさんのレビュー

114
名に参考にされています
2020年10月11日 23時57分

キースリングばかりレビューしてますが💦、リバーボートは写真がなかったので上げてみました。

全4ラウンドで、各ラウンドはI〜Ⅴの5つのフェイズからなります。このフェイズタイルをスタピーから1枚ずつドラフトし、全員フェイズIから順番にアクションしていきます。タイルを持っていると、右上にあるボーナスが貰え、そのフェイズのスターターとなります。つまりスタピーはタイルを取る順番、それぞれのフェイズの順番はタイルを取ったプレイヤーがスターターとなります。

各フェイズのアクションは、

I…8人(以下)の農作者を畑に置く

II…その農作者のいるヘクス全てに作物タイルを置く

Ⅲ…ボートタイルを取り、1種類の作物の農作者を手元に戻す

Ⅳ…VPタイルを1枚取る

Ⅴ…VPタイルや建物やニューオリンズの調査員からVPを得る

となっていて、このタイルの通り全員進めばいいので、スムーズに進行します。


このタイルの先程のドラフトが重要で、どのフェイズのボーナス&スターターを取るかを考えるのが、このゲームの肝となります。

そういうゲームの場合、この5枚のパワーバランスが悪いと、みんな同じ戦略になりがちですが、そこはキースリング、

I…ワーカーが1人増えるのが大きく、大事

II…欲しい作物タイルを早取りできるのが大きく、大事

Ⅲ…「ボート1」が早取りできるのが大きく、大事

Ⅳ…大きなVPとなりそうなボーナスタイルを早取りできるのが大きく、大事

Ⅴ…港主マーカーやニューオリンズへの派遣が1つできるのが大きく、大事

となっていて、素晴らしい!!


つまり、きちんとジレンマが起こるようなバランスになっているので、戦略によってドラフトの優先順位が変わってくるのです。

(ちなみに私はいつもIIを軽視する傾向がありますが、I、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴはケースバイケースで選んでいます)

ただ、何をやっていいか分からないときのポイントはあります。

■Ⅲのボートは、ボート1を優先的に取りたい

(ボート1は港主が3進む。したがって、序盤のドラフトはⅢ優先がオススメ)

■ニューオリンズは接戦なら勝負、序盤大差なら諦める

(序盤、ニューオリンズに派遣を急ぐと、農作業の人手が足りなくなることもあるので序盤大差になることは少ないが、相手の戦略によっては諦めるのも手)

■大きいボーナスタイルを序盤に取ってキープしておく

(できれば、建物の納屋や井戸より、ボーナスタイルの方を得点源にする)

■コインの使い道は、Ⅲの山から取れるボートと、Iの区画カードのチェンジがオススメ

(Iは、終盤、一つの区画の畑を全部埋めたりする時に使う)

↑ 上の方にいるワーカーがニューオリンズの調査員。多いプレイヤーに20VP、二番手に10VP入る。一番上のリバーボートはボート1が売り切れている。ボート1とボート2は港主が進むので人気がある(ただ、ワーカーの回収量が少なくなる)


↑ 個人ボードの最終形。上にある3枚のVPタイルはどれも強力なので、場に出た時はⅣフェイズタイルをドラフトしておいて、狙いたい。黄色の駒は港主で、ヘブン&エールのように、このラインまでのボートのVPしか得点できない。港主の進み具合が2位以下だと総計の半分のVPになる。作物はこのように並べると、納屋の周りのトウモロコシや、井戸を含むカボチャ畑から大きなVPが入る


戦略としては、ボート(港主)戦略とニューオリンズ戦略とカード戦略がありますが、どれも競争に勝ったとしても結果としては10VPぐらいの差になる感じです。ここもバランスが取れているゲームですね。特化する価値がそれほどないので、この3つの戦略項目に、納屋、井戸、区画を埋めるという10弱のVPたちも考慮に入れた総力戦です。接戦になります。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
荏原町将棋センターさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 55興味あり
  • 136経験あり
  • 21お気に入り
  • 76持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルリバーボート
原題・英題表記Riverboat
参加人数2人~4人(90分~120分)
対象年齢未登録
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

荏原町将棋センターさんの投稿

会員の新しい投稿