マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2005年~

それはオレの魚だ!dodoさんのレビュー

308
名に参考にされています
2019年01月23日 09時59分

自分のペンギン駒を移動させ、タイルに描かれたお魚をたくさん獲った方が勝ちというゲーム。

1〜3匹の魚が描かれた六角形のタイルをランダムに敷き詰めて、その上に自分のペンギン駒を配置すれば準備完了。

↓ 2人プレイの図。開始時は、駒は魚1匹のタイルに置ける。

f:id:dodo-argento:20190122122657j:image

手番でやることは1つ。

ペンギンを1回移動させて、「元いた場所のタイルを取る」だけ。

移動にはルールがあって、

・六角形の6辺のいずれかの方向へ一直線にしか進めない

・他のペンギンを飛び越えることはできない

・タイルがない場所を飛び越えることはできない

以上を守っていれば、進む距離には制限がない。

 

このゲームが面白いのは、移動したら「移動した先のタイル」ではなく、「元いた場所のタイル」を取るという点。(もちろん、移動先のタイルもその後また移動したら取れますが)

これ、聞けば「ふーん」くらいなんだけど、やってみると面白い。

基本、魚を多く獲りたいので、魚がたくさん描かれたタイルを目指しますよね。

私のように頭が固いと、「それしか」考えられない。

「魚がいっぱいだー!」と喜んで移動して、元いた場所のタイルを取ったら、周りはすべて海。そこからもう一歩も動けなくなった…なーんてことが起こる。

これは悲劇です。目先の利益に飛びついてしまう人間の煩悩をよく表している深いゲームだと言える。(笑)

初めて経験した時、頭を抱えました。

『ことりファイト!』の「狙った色の鳥を増やすために手札を切ったら、その鳥が手札からいなくなった」感じに似ている。

↓ たとえば上から2列目の真ん中の青ペンギンが右上の魚3匹のタイルに移動→右の赤ペンギンが隣りの3匹のタイルに来た場合、青ペンギンが移動できるのは左の魚1匹のタイルだけになる

f:id:dodo-argento:20190122122737j:image

でも慣れてくると、この仕組みによって「相手を孤立させる」「自分だけの漁場を確保する」などの戦略を立てることができ、とても面白い。

 

タイルが小さくて並べづらい、タイルを取るときに崩れやすい、などの不満点はあるものの、子供から大人まで楽しめる刺激的なゲームです

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Soul Moon (Monsol)
dodoさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 304興味あり
  • 1641経験あり
  • 253お気に入り
  • 1092持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力34
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘18
アート・外見2
作品データ
タイトルそれはオレの魚だ!
原題・英題表記Packeis am Pol / Hey, That's My Fish!
参加人数2人~4人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2005年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

dodoさんの投稿

会員の新しい投稿