マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分~100分
  • 12歳~
  • 2018年~

ニュートンマツジョンさんのルール/インスト

183名
1名
11ヶ月前
0

サマリーではない、詳細まで網羅した完全版ルールです。ゲーム中の確認にも便利なように、冗長性を排除し再整理しています。完全日本語版が入手できなくても、これで大丈夫カモ(使用物品の言語依存は、人物カードの名前だけです)。

※Cranio Creations / CMON英語版マニュアルを和訳し、再構成しました。

★PDF版はこちら(BGG)↓
https://boardgamegeek.com/filepage/231330/japanese-rules-hand


◎ゲームの概要

 18世紀。あなたは若い学者だ。研究を行い、各地をめぐり技術と知識を高め、偉大な科学者を目指そう。


◎ゲームの目的

 6ラウンドの後、勝利点(VP)が高い人が勝ち。主な得点源は以下。

1)ゲーム中:即時ボーナス、毎ラウンドの収入など。

2)終了時 :目標タイル、マスターカードなど。


◎使用物品

・共通ボード 2個(地図・研究)

・個人ボード 4個

・共通ボード用タイル
 ・目標タイル  10個
 ・技能タイル  10個
 ・発明タイル  10個
 ・町タイル   20個
 ・大学タイル  6個
 ・史跡タイル  3個

・カード
 ・マスターカード    20枚
 ・初期アクションカード 24枚(4色×各6枚)
 ・アクションカード   45枚

・コマ・チップ類
 ・学者(大)   4色×各1個
 ・助手(小)   4色×各4個
 ・ディスク    4色×各2個
 ・キューブ    4色×各12個
 ・本タイル    48個(4色×各12個)
 ・一般収入タイル 12個
 ・医学収入タイル 4個
 ・恩恵チップ   18個
 ・薬瓶チップ   20個
 ・コイン     32個

・開始マーク   1個

・サマリータイル 4個



◎セットアップ

ボード

1)地図ボード、研究ボードを場の中央に置く。

2)ボードの対応するマスに、以下タイルを表向きに、ランダムに配置する。残りは箱に戻す。
・町・大学・史跡:地図ボードに置く(すべて使用)。
・技能タイル  :ランダムに5枚選ぶ。地図ボードに置く。
・目標タイル  :ランダムに6枚選ぶ。地図ボードに1枚、研究ボードに5枚を置く。
・発明タイル  :ランダムに5枚選ぶ。研究ボードに置く。
・恩恵チップ:プレイ人数に合わせて、使用するマスのみに置く。地図・研究ボード。
 ・マスの記載:空白/2+/3+/4=1~4人/2~4人/3~4人/4人用で使う。

3)研究ボードに、以下物品を表向きに、山にして置く。
 ・一般収入タイル:種類別に分けて、左下エリアに置く。
 ・医学収入タイル:1VPの面を表にする。右上エリアに置く。
 ・改良タイル  :種類別に分けて、右下エリアに置く。

4)アクションカードの売場を、以下のように準備する。
・レベル別に分けて混ぜる。裏向きの山にして、上からⅠ・Ⅱ・Ⅲの順に、ボード脇に並べる。
・各山から3枚を引き、それぞれの山の横に、表向きに並べる。※1人用:2枚とする。

5)コイン、薬瓶を、それぞれ共通の山として、ボードの脇に置く。

プレイヤー

1)各プレイヤーは、色を選ぶ。各自、以下物品を受け取る。
・個人ボード :ランダムに1枚を選ぶ。
・自色本タイル:12個。3枚の山を4組作り、個人ボード左下の所定マスに並べる。
・自色キューブ:12個。個人ボード左下の所定マスに並べる。
・自色学者  :1個。地図ボードのBaselに置く。
・自色助手  :1個を実験トラックの開始マスに置く。残り3個は手元に置く。
・自色ディスク:活動トラック、VPトラックの開始マスに、各1個を置く。
・自色開始アクションカード:6枚。初期手札とする。

2)開始プレイヤーをランダムに選ぶ。開始プレイヤーは、開始マークを受け取る。

3)マスターカードを混ぜる。各プレイヤーに4枚ずつ配る。残りは箱に戻す。
・最初のゲーム:4枚をそのまま手札にする。
・以降のゲーム:以下の手順で、4枚を手札にする。
 ・4枚から1枚を選び、手元に残す。残り3枚を、左の人に渡す。
 ・3枚から1枚を手元に残す。残り2枚を左に渡す。以上を、手札4枚になるまで繰り返す。
・1人用:6枚を引き、4枚を選ぶ。


◎遊び方

ラウンド

アクション

1)開始プレイヤーから、時計回りに手番を取る。

2)手番では、アクションカード1枚を選んで、個人ボードの机エリアに置く。
・各ラウンドの1枚目は机エリアの左端に置く。以降は右方向に並べて置く。
・手札が尽きたときは、置かない。

3)以下のアクションを、自由な順番で行う。いずれも、行わなくてもよい。

3A)即時効果:カード上半分に即時効果があれば、それを得られる。

3B)基本アクション:出したカード下半分のマークにしたがい、以下を行う。※詳細後述
 a)活動:活動トラックを進み、現金を得る。
 b)実験:実験トラックの助手を進める。
 c)旅 :地図ボードの学者を動かす。
 d)研修:新たなアクションカードを得る。
 e)調査:個人ボードの本棚に本タイルを置く。
・個人ボード上にある、出したカードと同じマークの数が、アクションの効果値となる。
(机のカード、個人ボード引き出し(印刷・タイル)、ボード下に差したカードの合算)
・ジョーカーカードは、好きな基本アクションを行える。
 ・いま出したジョーカーのマークは、その基本アクションのマーク1個と扱う。
 ・以前に出したジョーカーのマークは、いずれのマークとも扱わない。
・手札が尽きた場合は、基本アクションはできない。

3C)補助アクション:以下がある。 ※詳細後述
 イ)追加:売場のカードを増やす。
 ロ)強化:基本アクションの効果点を増やす。
 ハ)薬瓶:薬瓶を得る。
 ニ)助手:助手を得る。


次の手番

・時計回りに手番を取る。全員が5回ずつ手番をとったら、ラウンド終了。
・手番数は机のカード数、ラウンド数は個人ボード下に差したカード数で判別できる。


収入

・全員同時に、以下を行う。

1)以下手順で、手札を更新する。
・個人ボードに置いたカードから、1枚を選ぶ。
・そのカードを、個人ボードの裏に、下半分のマークだけが見えるように差し込む。
 ・1枚目は左端の引き出しの裏に差し込む。以降は右方向に並べて差す。
 ・差したカードのマークは、次ラウンドから基本アクションの効果値に寄与する。
 ・差したカードのマークがジョーカーのときは、いずれの効果値も増えない。
・差したカード以外の、個人ボード上のカード(4枚)を、手札に戻す。

2)以下手順で、本棚から収入を得る。
・ガラスで区切られた各行/列がすべて本タイルで埋まれば、対応する収入を得られる。
・一般収入/医学収入タイルがあれば、記載された収入が得られる。
・VPを得たときは、VPトラックの自色ディスクを進める。

3)以下手順で、売場のアクションカードを更新する。
・売場の表向きのカードをすべて回収し、対応する山の一番下に戻す。
・売場のカードを3枚ずつ各山から引き、並べる。※1人用では2枚ずつ。
・カードが尽きたら、並べられるだけの枚数だけ並べる。

4)開始マークを左の人に渡す。次ラウンドを開始する。
・6ラウンドが終了したときは、得点計算に進む。

ゲーム終了

得点計算

・以下の得点を計算し、VPトラックに加算する。
1)目標タイル:自色コマを置いたタイルについて、条件にしたがってVPを計算する。
2)マスターカード:自分が発動したものについて、記載VPを合算する。


勝敗

・もっとも点数が高い人が勝ち。
・引き分けのときは、いずれの人も勝ち。


◎基本アクション

活動
Work

1)活動トラックの自色ディスクを、効果値と同じ歩数以内で、自由な歩数を進められる。

2)1歩進めるごとに、コイン1点を得る(効果値でなく、実際に進んだ歩数を数える)。
・トラックの終点より先には進めないが、効果値1点につきコイン1点を得られる。
・目標タイル(終点)には、矢印に示された条件を満たしていないと入れない。

3)技能/発明/マスターに止まったら、その効果を実行する(通過は無効)。 ※詳細後述

実験
Tech-nology

1)実験トラックの自色助手1個を、効果値と同じ歩数以内で、自由な歩数を進められる。
・前進しかできない。分岐点では、いずれかを選ぶ。終点マークより先には進めない。
・同じ終点には、同じ色の助手は1人までしか入れない。(終点以外は何人でも入れる。)
・目標タイルには、矢印に示された条件を満たしていないと入れない。
・効果値を、助手2個以上に振り分けることはできない。

2)恩恵チップに止まる、または通過したら、そのチップを取る。すぐにその効果を得る。

3)技能/発明/マスターに止まったら、その効果を実行する(通過は無効)。 ※詳細後述


Travel

1)地図ボードの自色学者1人を、効果値と同じ歩数以内で、自由な歩数まで進められる。
・コストが示された道を通るときは、その金額を払う。
・同じマスに何人でも入れる。
・目標タイルには、矢印に示された条件を満たしていないと入れない。

2)恩恵チップに止まる、または通過したら、そのチップを取る。すぐにその効果を得る。

3)町/大学/史跡/マスター/目標に止まったら(通過は無効)、そこに自色キューブ1個を置く。
・町/マスターに止まったら、その効果を実行する(通過は無効)。 ※詳細後述
・自色キューブは、個人ボードの上から下、右から左の順で使う。
・9/10/11/12個目のキューブを使ったら、記載のVP(1/2/4/8点)を得られる。
・同じマスには、同じ色のキューブは1個までしか置けない。(違う色は置ける。)

研修
Learn

1)売場の表向きカードのうち、レベルが効果値以下のものを1枚だけ選んで取れる。
・取ったカードは、手札に加える。次の手番から使える。売場のカードは補充しない。

調査
Study

1)個人ボードの本棚の、効果値以下のレベルの範囲に、本タイル1個だけを置ける。
・レベルは、上の段から1、2、3となっている。
・本タイルを置くには、そのマスの記載条件を満たす必要がある。以下がある。
 a)大学・史跡:指定の大学・史跡に自色キューブがあること。
  ・薬瓶3個を消費して、大学または史跡1個を満たすことができる。
 b)著書数  :示された種類・数の著書が、個人ボードに見えていること。
  ・薬瓶1個を消費して、いずれかの種類の著書1冊を満たすことができる。

・本タイルは、個人ボードの上にある山から順に使う。本タイルがないときは置けない。
・本タイルの山1セットがなくなるたび、個人ボードに現れたボーナスを即時得られる。
・左下マス(本が印刷されている)は、すでに本タイルが置かれていると扱う。


◎補助アクション

追加

1)コイン1枚を払う。売場の山1つを選ぶ。カード2枚を引き、列の右に、表向きに並べる。
・売場に並ぶカードの数には上限はない。
・1手番に何回でも使える。

強化

1)コイン2枚を払う。今回出したカードについて、基本アクションの効果点を1点増やす。
・1手番に1回だけ(加点1点までだけ)使える。
・カード以外の手段で得た基本アクション(発明、マスターなど)には、適用できない。

薬瓶

1)コイン3枚を払う。薬瓶1個を得る。
・1手番に何回でも使える。

助手

1)コイン5枚を払う。自色の助手1個を得る。実験トラックの開始マスに置く。
・1手番に何回でも使える。


◎各トラックのボーナス

技能タイル

イ)強化タイル:示された強化タイル1個を、山から得る。
 ・個人ボードの下段の引き出しの、空マスに置く。以降、基本アクションの効果点に寄与する。
 ・引き出しが5箇所とも埋まっていたら、1個を選び、交換する。

ロ)一般収入タイル:示された一般収入タイル1個を、山から得る。
 ・本棚の収入マス(最下段の!マーク)の、空マスに置く。
 ・空マスがなければ、1個を選び、交換する。

ハ)医学収入タイル:示された医学収入タイル1個を、山から得る。
 ・一般収入タイルと同様にして置く。1VPの面を向けて置く。

発明タイル

イ)示されたVP・薬瓶を得る。

ロ)自色助手1個、示されたコインを得る。助手は、実験トラックの開始マスに置く。

ハ)発動済マスター1人につき、示されたコイン・VPを得る。

ニ)自色キューブを置いた大学1個につき、示されたVPを得る。

ホ)自色キューブを置いた史跡1個につき、示されたVPを得る。
  かつ、自色キューブを置いた史跡の数と同じ効果値で、実験アクションを実行できる。

ヘ)完成した本棚の列・行の1個につき、示されたVPを得る。
  かつ、完成した列・行の総数と同じ効果値で、活動アクションを実行できる。

ト)示された物品(コイン/VP/薬瓶)を得る。示された効果値で、示されたアクションを行う。

都市タイル

・即時効果。

イ)示された物品(VP・薬瓶・助手)を得る。助手は、実験トラックの開始マスに置く。

ロ)示されたコインを払い、いずれかの大学に自色キューブを置ける。

ハ)示されたコインを払い、いずれかの史跡に自色キューブを置ける。

ニ)医学の都市:自分が訪れた医学都市の個数により、以下を行う。
 ・1個目:医療収入タイルを山から取る。本棚収入マスの空マスに置く。1VPの面を表にする。
 ・2個目:置いた医療収入タイルを裏返し、3VPの面にする。

マスター発動

1)手札のマスターカード1枚を選ぶ。個人ボードの脇に、表向きに出す。

2)即時効果(稲妻マーク)があれば、実行する。
・各トラックのほか、本タイルの除去ボーナスとしても得られる。

目標タイル

・進入するときは、記載の条件(著書数)を満たす必要がある。
・著書数:示された種類・数の著書が、個人ボードに見えていること。
・薬瓶1個を消費して、いずれかの種類の著書1冊を満たすことができる。

恩恵チップ

・恩恵チップに止まるか、通過したら取る。即時ボーナスを得る。
・示された物品(現金・VP・薬瓶・助手)を得る。助手は、実験トラックの開始マスに置く。
・取った恩恵チップは、個人ボードの近くに置く(特定の目標タイルで使用)。


◎目標タイル

目標タイル

・終了時に条件を満たせば、得点になる。上限VPの記載があるものは、それにしたがう。

イ)手持ち物品(現金/薬瓶/恩恵チップ)1個につき、所定VPを得る。

ロ)自色キューブのある場所(大学/史跡)1個にき、所定VPを得る。

ハ)実験タイルの終点にいる助手1個につき、所定VPを得る。

ニ)発動したマスターカード1枚につき、所定VPを得る。

ホ)本棚に置いた本タイル3個につき、所定VPを得る。

ヘ)有効カード(個人ボードの机+手札)の著書3種類セット1組につき、所定VPを得る。
 ・個人ボード下に差し込んだカードは除く。マスターカードは含む。

ト)有効アクションカード(個人ボードの机+手札)2枚につき、所定VPを得る。
 ・個人ボード下に差し込んだカードは除く。マスターカードは数えない。


◎カードの特殊効果

アクションカード

イ)表示された色・数の著書を提供する。

ロ)指定の著書について、見えている数1個につき、所定のVPを得る。

ハ)所定の現金を払い、追加の本タイル1個を置ける。
・効果値は1アクションぶんだけ(増えない)。1個目と2個目に分配して使う。

ニ)このアクションで得たボーナストークンは、効果が2倍になる。

ホ)指定の現金を払い、ボーナストークンのない村(金か銀枠)に自色コマ1個を移動できる。
・アクションの前後、いずれのタイミングで行ってもよい。

ヘ)机に置かれているアクションカード1枚の即時効果を得られる。

ト)アクションカード1枚を箱に戻し、記載の物品(現金・VP)を得る。

チ)見えている著書(机上+マスター)3種類セット1組につき、所定VPを得る。

リ)指定の現金を払い、このアクションで本タイルを置くときの条件を無視できる。

ヌ)指定の現金を払い、追加の自色キューブ1個を置ける(通過したマスどれかに置く)。

マスターカード

・マスターカードを発動すると、即時/永続効果を得られる。
・即時効果が基本アクションのときは、記載の効果値で行う(机上のマークは無効)。

イ)ホイヘンス:効果値3の活動アクション。条件を無視して目標タイルに到達できる。
ロ)ケプラー :効果値6の活動アクション。コインは得られない。

ハ)トリチェリ:効果値3の実験アクション。条件を無視して目標タイルに到達できる。
ニ)ハレー  :効果値4の実験アクション。効果値を配分し、複数の助手を動かせる。

ホ)ガリレイ :効果値3の旅アクション。通過マスすべてに自色キューブ1個ずつ置ける。
ヘ)パスカル :効果値5の旅アクション。移動コストを払わなくてよい。

ト)デカルト :効果値1の研修アクション。得たカードの基本アクションを即時実行できる。
 ・効果値は、そのカードを机に置いたとして数える(実際には置かず、手札に加える)。
チ)ブラウン :効果値4の研修アクション。効果値を配分し、複数枚のカードを取れる。

リ)コペルニクス:効果値3の調査アクション。本タイルを置く条件を無視できる。
ヌ)ボイル   :効果値4の調査アクション。効果値を配分し、複数個の本タイルを置ける。
 ・本タイルを置く条件は、通常どおり適用する。
ル)キャベンディッシュ:個人ボードの未使用の本タイルを上から2個、除去する。

ヲ)パラケルスス :効果値3で、好きな基本アクション1個を実行できる。

ワ)ブルーノ   :コイン6枚を得る。
カ)クザーヌス  :薬瓶3個を得る。
ヨ)ギルバート  :自色助手1個を得る。実験トラックの開始マスに置く。
タ)ヴィンケルマン:地図の場所1個に自色キューブを置ける。マスター・目標タイルは除く。

レ)ブラーエ    :青の著書2冊。永続的に有効。
ソ)ライプニッツ  :橙の著書2冊。永続的に有効。
ツ)ニュートン   :緑の著書2冊。永続的に有効。
ネ)ファーレンハイト:万能著書1冊。永続的に有効。使用のたび、色を選べる。


◎1人用の点数

 終了時VPによって、学問をどれほど究められたか、評価できる。

終了時VP

・0~40点:無学者
・ ~50点:書記
・ ~60点:研修生
・ ~70点:学識者
・ ~80点:教授

・ ~90点:学長
・~100点:権威
・~110点:知の巨人
・~120点:天才
・120点超:科学のレジェンド



◎ゲームの全体像(ブログ)


この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
手動人形
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 272興味あり
  • 548経験あり
  • 163お気に入り
  • 339持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿