マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 20分~40分
  • 8歳~
  • 2017年~

イスタンブール:ダイスゲームしれ〜さんの戦略やコツ

167
名に参考にされています
2018年02月27日 10時35分

「やれる事が多すぎて何やればいいか分からない」という方がいたので戦術について大雑把に書きます。

逆に「考えるのが楽しい」という方は読まないで下さい。

まず振り直し水晶は貴重なので温存しましょう。
序盤は資源を貯めてモスクタイルを狙います。

モスクタイルは、永続的なパワーアップです。
また規定数を獲得するとルビー1個貰えると、いい事ずくしです。

ではどのモスクタイルが良いのでしょう。

まず『アクション+1』です。3アクションになれば、かなりの確率でダイスが使いきれずに余るという事が無くなります。

次に『3リラ』。単体でも強いですが2つ取ると毎手番6リラ貰えます強い。

さらに次点で『助手ダイス+1』、『水晶』、『コイン獲得で商品1個』です。

『助手ダイス+1』はダイスが増えますが2アクションだと結構余ります。

『水晶』は毎手番振り直しと考えると強いですが、振り直してもダメな場合もあります。

『コイン獲得で商品1個』は、コインの出目が出ないと無意味なのがネックです。

最後に『バザーカード』です。
バザーカードの性質上、強力なモノは資源を支払う必要があるので中盤以降向きです。
また他のプレイヤーにもメリットがあるカードもあるのでギャンブル性が高いです。

必ずしも『アクション+1』を取らなければ勝てないという事ではありません。
あると便利ぐらいに考えてください。

とここまでモスクタイルについて書きましたが、モスクタイルを揃える事に固執せず、ある程度の体制が整ったと思ったら他の方法でルビー獲得に向かってください。

また他のプレイヤーのルビーの所持数には注意しましょう。

最低でも1個少ないか同数を維持してください、1回の手番でルビー2個は何とかなる可能性がありますが3個は難しいです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
しれ〜さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 27興味あり
  • 127経験あり
  • 20お気に入り
  • 61持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルイスタンブール:ダイスゲーム
原題・英題表記Istanbul: Das Würfelspiel
参加人数2人~4人(20分~40分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格(税別)3,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク