マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 75分~150分
  • 12歳~
  • 2016年~

グレートウエスタントレイルマツジョンさんのレビュー

473名
5名
11ヶ月前
0

10/10点。写真多めレビュー。牛を連れて西部の道を歩き、都市に出荷してお金を稼ぐ! カウボーイが実在した、アメリカンドリームの時代を体験できるゲームです。


★牛を連れて荒野を進め!

 基本的なルールは、直感的に理解しやすいです。人型のコマをすごろくのように進めて(1~3歩を自由に選んで進む。考え方によってはロンデルとも言える。)、ゴールである「カンザス・シティ」を目指します。ここから大陸横断鉄道で牛を出荷して、お金を得られます。得たお金は、価値の高い牛を買ったり、道中に有用な拠点を作ったり、仕事の役に立つ仲間を雇ったりするのに使います。そうしてさらに牛を出荷して、事業を大きく拡大していくゲーム。
20210605zg503.jpg

 終了時の状態です。最初は殺風景だった(建物が7個しかない)西部の道ですが、各プレイヤーの建物が建てられて、にぎやかになりました。まさに、「西部の荒野を開拓する」雰囲気を味わえます。こうして多数の人々に占有された道は、それぞれに所有権を主張される場となり、「ロングドライブ(牛を連れて長距離を歩く仕事)」の時代は、終焉を迎えるのです。
20210605zg601.jpg


★実際に遊んでみて:魅力と今ひとつの点

 「牛を連れていくゲーム」を買いました。家族は覚える気がなさそうですが、正式名称は「グレート・ウエスタン・トレイル」と言います。これまで5回ほど遊んで、メリット・デメリットを書きます。

◎面白いところ

  • 道中で少しずつ牛カードを入れ替えて、良い組み合わせが完成したときの達成感。
  • 同じ道中を繰り返し進むため、自分の成長(できることが増えていく)を感じやすい。
  • 言語依存が皆無。英語も日本語も読めなくても、問題なく遊べる!
  • イラストが美しく、多数のタイルやカードがあり、見ていてワクワクする。すぐに遊びたくなる。

◎気になったところ

  • 広い場所が必要。テーブルでは狭く、床でやったほうがよい。
  • 要素が多いので、「勘どころ」を把握するまで、数回のプレイが必要。
  • プレイ時間が長い(初回プレイでは、1人1時間くらい)。
  • 箱には仕切りがないので、収納は自前で工夫する必要がある。
  • 要素が多く、ゲームの説明に時間と技術が必要(口頭での説明は、私には無理だと思いました)。


★結論:牛を運ぶたび、成長が感じられる喜び!

 以上を踏まえて、「グレート・ウエスタン・トレイル」の「買ってよかった度」を判定しました。

 判定結果:期待通り。

※期待以上/期待通り/失敗した、の3段階評価。


 BGGランキング上位200件から厳選しただけあって、期待を裏切らない面白さでした。ひと目見てにぎやかな外観から、子供たち(娘10歳、長男7歳)の食いつきも良好でした。仕事仲間を得る、建物を建てる、汽車を進める、といったアクションも分かりやすく、楽しそうに遊んでいます。言語依存がなく、ほどよい運要素もあるので、娘10歳・長男7歳でも、大人と互角に戦えます。(というか、娘10歳はすこぶる強く、歯が立ちません。)


さらに詳しいレビューは、以下ブログに書いています。画像豊富です。


この投稿に5名がナイス!しました
ナイス!
Sato39
栗坂こなべ
Bluebear
きむにぃ
Jarry
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 507興味あり
  • 997経験あり
  • 391お気に入り
  • 741持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿