マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 75分~150分
  • 12歳~
  • 2016年~

グレートウエスタントレイルマツジョンさんのルール/インスト

89名 が参考
0名 がナイス
約1ヶ月前

ゲーム全体像を分かりやすく、かつ詳細ルールも確認できるように、説明書を再整理しました。要素がとても多いゲームなので、分からなくなったときに早見表的に参照できて便利です。コンポーネントには言語依存がほぼありません。完全日本語版が手に入らなくても、これで大丈夫!

※2016年Pegasus Spiele・英語版の、英語マニュアルの和訳に沿っています。旧版・別版とは、一部内容の異なる箇所があるかもしれません。


◎ゲームの概要

 19世紀のアメリカ。広大な原野から集めた牛を、カンザスシティの鉄道から都市に出荷すれば、莫大な収入が得られる。しかし、西部の道(トレイル)は長く、険しい。品質の高い牛を集め、有能な労働者を雇い、道中の拠点を確保して、アメリカンドリームを実現しよう!


◎ゲームの目的

 誰かがカンザスシティから牛を出荷するたびに、進捗マーカーが進む。マーカーがボード外まで来たら、ゲームは終了。以下の要素から最終得点計算をして、いちばん点数の高い人が勝ち。

  • 所有する物品  :お金、危険タイル、牛カード、労働者、ディスク除去、進捗マーカー
  • ボード上の成果物:建てた建物、出荷した都市、増築した駅
  • 課題の達成状況 :課題カード、駅長タイルの課題


◎使用物品

ボード
  • ゲームボード   1枚
  • 自色ボード    4色×各1枚
  • プレイ人数タイル 4色×各1枚(両面)
  • 得点記録用紙   1冊
コマ
  • 隊長  4色×各1個
  • 汽車   4色×各1個
  • マーカー 4色×各1個
  • ディスク 4色×各14個
  • 進捗マーカー 1個
  • コイン      55枚
タイル
  • 配置タイル
    ・労働者タイル  3種×各18枚
    ・危険タイル   3種×各6枚
    ・テントタイル 2種×各11枚
  • 建物タイル
    ・中立建物タイル 7枚
    ・私有建物タイル 4色×各10種(両面)
  • 駅長タイル 5枚
カード
  • 牛カード
    ・初期牛カード 4色×各14枚
    ・中立牛カード 36枚
  • 課題カード
    ・初期課題カード 4枚
    ・追加課題カード 24枚


◎全体像の説明

ゲームボード 中央:道(トレイル)
  • 右下のスタートから、道中に沿って隊長を動かし、ゴールのカンザスシティを目指す。
  • カンザスシティでは、牛を都市に出荷して、収入が得られる。
  • 道中の場所タイルでは、さまざまなアクションができるが、通行料を取られるものもある。

上部~右部:鉄道
  • 汽車を動かすことで、牛の出荷コストを下げられる。
  • 駅に汽車を止めると、駅を増築できる。

左部:労働者エリア
  • 労働者を雇うときは、ここから選ぶ。

下部:牛エリア 
  • 牛を獲得するときは、ここから選ぶ。

右部:課題エリア
  • 課題カードを獲得するときは、ここから選ぶ。
自色ボード 左部・上部:フェーズ説明 
  • 自分の手番での行動の手順や、標準アクションの種類が示されている。
  • 牛を出荷するとディスクが除かれて、アクションの選択肢が増える。

中央:労働者
  • 自分の労働者(カウボーイ・建築家・技術者)を置く。
  • 最初は各1人だけだが、ゲーム中に雇って増やすことで、アクションの効果が強まる。

右部:認定証
  • 認定証の点数を上げると、出荷時の収入を増やせる。
カード・タイル ボード外・上部:自分の建物
  • 建物を建てるときは、ここから選ぶ。

ボード外・下部:課題カード
  • 課題カードが置かれる。課題を達成すれば、勝利点を得られる。カードはゲーム中に増やせる。

ボード外・左右:山札・捨て札
  • 自分の手札を補充する山と、捨てる場所。

手札:自分の牛の群れ 
  • 数字が高いほど、価値の高い牛を表す。手札は、アクションのコストとして使うこともある。


◎準備

ゲームの準備
  1. ゲームボードを置く。
  2. 駅長タイル5枚を、駅マスにランダムに表向きに置く。
  3. 中立建物タイル7枚を、中立マスに表向きに置く。
    ・最初のゲーム:対応するA~Gのマスに置く。
    ・以降のゲーム:ランダムに置く。
  4. 進捗マーカーを求人エリアの一番上のマーカー印のついたマスに置く。
  5. 労働者・テント・危険タイルを番号(1・2・3)別に分け、裏向きにして混ぜる。番号別の山にして、ボードの横に置く。
  6. 番号1のタイルを1枚ずつ表向きにして、所定の場所に置く。計7枚置く。
    ・テント:インディアン村に置く。金額が小さいマスから順に置く。
    ・危険 :対応する危険エリアに置く。数字が小さいマスから順に置く。
  7. 番号2のタイルを1枚ずつ表向きにして、求人エリアに置く。
    ・最上段の左から右に置く。左端は、プレイヤー人数に応じた列とする。
    ・右端までいったら、2段目に進む。進捗マーカーの左隣に達したら終了。
  8. 予告エリアにタイルを置く。
    ・番号1のタイルを2枚引き、1のスペースに表向きに置く。
    ・番号2のタイルを2枚引き、2のスペースに表向きに置く。
    ・番号3のタイルを2枚引き、3のスペースに表向きに置く。
  9. 中立牛カードを混ぜ、裏向きの山にしてボードの下側左方(牛マーク近く)に置く。プレイ人数に応じて、ボードに表示された枚数の牛カードを引く。表にして、山の横に並べる。色別に分けて、数字だけが見えるように重ねると、見やすい。
  10. 課題カードを混ぜ、裏向きの山にしてボードの右側上方に置く。カード4枚を引く。表にして山から下方向に並べて、課題カード置き場とする。
  11. コインは1箇所にまとめ、銀行とする。
プレイヤーの準備
  1. 各プレイヤーは自分の色を決める。
    ・自色の自色ボードを取る。
    ・3/4人用では、プレイ人数タイルを取り、自色ボードのフェーズAを覆う(プレイ人数によって、表裏を使い分ける)。
  2. 自色の建物タイル10枚をとる。
    ・最初の数回のゲーム:全員がa面を表向きにする。
    ・以降のゲーム:1人がa・b面をランダムに決める。他の全員が、それに合わせる。
    ※建物タイルは、全員が同じ面を使う。ゲーム中に表裏を変えることはできない。
  3. 自分のコマをとる。
    ・ディスク:14枚 …自色ボードの色付きディスク欄を覆う。
    ・マーカー:1個 …自色ボードの認定証の0欄に置く。
    ・汽車 :1個 …ゲームボードの鉄道トラックのスタート位置に置く。
    ・隊長 :1個 …自色ボードの横に置く。
  4. 自色の牛カード14枚を取る。
    ・裏向きにして混ぜ、山にして自色ボードの横に置く。
    ・4枚を引き、自分の手札とする。
  5. 初期課題カード4枚を、裏向きにして混ぜる。プレイヤーに1枚ずつ配る。自色ボードの近くに、表向きに置く。残ったカードは箱に戻す。
  6. スタートプレイヤーを決める。時計回りでプレイ順となる。以下を受け取る。
    ・スタートプレイヤー:6ドル
    ・2/3/4番目:それぞれ、7/8/9ドル


◎遊び方

手番 手番の開始
  • スタートプレイヤーから順に、時計回りで手番が回る。
  • 手番のプレイヤーは、以下フェーズA~Cを順に行う。
  • 各プレイヤーのゲームで最初の手番のみ、いずれかの中立建物タイルを自由に選んで隊長を置いて、フェーズBから開始する。


フェーズA
  • 自分の隊長を、道に沿って移動させる。分岐している道は、いずれかを選ぶ。
  • 1歩~歩数上限(自色ボード記載)の範囲で、自由な歩数を移動できる。
  • タイルのあるマスとゴール(カンザスシティ)だけを歩数として数える(空マスは飛ばす)。
  • 後退はできない。
  • 他プレイヤーの隊長は、影響しない(同じマスに何人でも止まれる)。
  • カンザスシティでは必ず止まる。
  • 通行料マークがある場所に停止/通過するときは、所定の通行料(自色ボードに記載)を払う。
    ・自分の建物なら、支払いは不要。
    ・他プレイヤーの建物なら、その人に払う。
    ・中立の場所(建物・その他)なら、銀行に払う。
    ※通行料を払えないときに限り、可能なだけの支払いで通行ができる。

フェーズB

隊長の場所に応じて、アクションを実行する。

a)中立の建物・自分の建物:以下いずれかを実行できる。
a-1)場所アクション1セット:その場所(タイル・ボード)に書かれたアクション。
・枠で区切られたアクションを、それぞれ最大1回ずつ、好きな順番で実行できる。
・ボード上に書かれたアクション(投資)も、場所アクションの一部として扱う。
a-2)標準アクション1回(自色ボードに書かれたアクション)。※標準2倍アクションは実行できない。

b)a以外の場所:標準アクションを1回実行できる。※標準2倍アクションは実行できない。 

c)カンザスシティ:カンザスシティのアクションを必ず実行する。


フェーズC
  • 自分の山札からカードを引き、手札上限(自色ボード記載)の枚数にする。
    ※山札がなくなったら、個人捨て札を集めて切り、新たな山札とする。
    ※自分の捨て札は、いつでも中身を確認できる。山札の中身は確認できない。

課題カード
  • 手番中、以下いずれかのタイミングで、手札の課題カードを個人課題エリアに出せる。
    イ)フェーズAの実行前。
    ロ)フェーズBで、どれか1アクションを実行する前か後。
  • 課題カードを出したら、即時効果(左上)を実行するか、放棄する。
  • 課題カードは、手番中に何枚でも出せる。

手番の終了
  • 時計回りで、次のプレイヤーの手番となる。
  • いずれかのプレイヤーがゴール(カンザスシティ)に着いて進捗マーカーを動かしたとき、進捗マーカーがボードから除かれたら、最終手番に進む。
ゲーム終了 最終手番
  • 最終手番は、以下のようにする。
    1)進捗マーカーを取った人:カンザスシティのアクションが最後の手番となる。
    2)他のプレイヤー:最後の1手番を、通常どおり行う。

得点計算
  • 得点記録用紙を使って、カテゴリごとに、各プレイヤーの得点を集計する。

勝敗決定
  • もっとも得点が高い人が勝ち。同点の場合、同点の人が全員勝者となる。


◎各アクションの詳細

労働者の雇用

1)コストを支払い、求人エリアから労働者1人を得る。
・コスト:その段の右にある数字+コスト修正値(アクションに記載)。
・進捗マーカーがある段からは選べない。

2)労働者を自色ボードの対応する段に、左詰めで置く。
・各段の1列目(印刷された労働者)は、最初から埋まっているとする。
・同じ種類の労働者の段の列がすべて埋まっていたら、その労働者は取れない。

3)労働者を置いたマスに即時効果があれば、その場で実行/放棄を選ぶ。

牛の獲得

自分のカウボーイ数を、以下の2種類のアクションの一方または両方に自由に割り当てて、好きな順番で実行できる。

イ)必要なコストを払い、牛カードを得る。
・ボードの選択肢から、必要カウボーイ数とコスト・牛の種類の組合せを選ぶ。
・自分のカウボーイ数の範囲で、複数の選択肢を選べる(同じ選択肢も複数回選べる)。
・牛カードは、牛エリアに表向きになっているものだけから選べる。
・取った牛カードは、表向きで捨て札にする。
例)カウボーイが3人いれば、例えば以下いずれかを選べる:カウボーイ3人の選択肢1個、2人と1人の選択肢各1個、1人の選択肢3個、など。

ロ)カウボーイ1人につき、牛カードを山から2枚引いて、牛エリアに表向きに並べる。

建物の配置

手持ちの自色建物タイル1枚を選び、コストを支払い、以下いずれかを行う。

a)地図上の空マスに置く。
・必要建築家:そのタイルの必要建築家数(左上の数字)以上の建築家を持っていること。
・コスト:そのタイルの必要建築家数×建築家あたりコスト(アクションに記載)。

b)地図上にある自分の建物タイルを、必要建築家数の多いタイルに置き換える。古いタイルは、ゲームから除く(箱に戻す)。
・必要建築家:両タイルの必要建築家数の差分以上の建築家を持っていること。
・コスト:両タイルの必要建築家数の差分×建築家あたりコスト(アクションに記載)。

※建物タイルの表裏はゲーム開始時に決められ、ゲーム中は変更できない。

汽車の移動

1)汽車の移動:自色の汽車を、線路に沿って進める。
・前進は1歩以上、アクションで指示された数以下まで進める。
・技術者のマークがあるものは、技術者の数に等しい歩数が上限となる。
・後退は、必ず所定数だけ戻す。スタート地点より前には戻れない。
・スタート地点以外は、他プレイヤーの汽車がいるマスには止まれない。
・他プレイヤーの汽車がいるマスは無いものとして歩数を数える(飛び越して1歩)。
・分岐している道は、主線または駅ホーム(副線)の、いずれか一方を選ぶ。
・前進して線路の最後のマスに達した場合は、そこで止まる(後続処理あり:4参照)。

2)駅の増築:汽車の移動を終えたマスが駅ホーム(副線)なら、駅の増築ができる。
・増築する場合、所定コストを支払い、その駅マスに自色ボードからディスクを移動する。
・ディスクのコスト/ボーナスがあれば(ディスクの枠に記載)、それも適用する。
※すでに自色ディスクがある駅は増築できない。他色ディスクは関係ない(重ねて置く)。
※白い駅マス:自色ボードの白枠にあるディスクだけを移動できる。
※黒い駅マス:自色ボードの白枠・黒枠いずれのディスクでも移動できる。
※白い駅マスだが、黒枠ディスクしかないとき→そのディスクを移動する。
※ディスクがない・ディスクのコストを払えない→どれかの駅の自色ディスクを移動する。

3)駅長タイルの獲得:駅の増築を行った直後にだけ実行できる。
・増築した駅に駅長タイルがあれば、労働者1人と交換に、駅長タイルを獲得できる。
・いずれかの種類の自分の労働者を選び、一番右の労働者タイルを駅長マスに置く。※労働者タイルの場所にあった即時効果は、再び労働者を得たときに再度使える。
・駅長タイルの即時効果(上半分に記載)は、その場で実行/放棄を選ぶ。
・駅長タイルの永続効果(上半分に記載)は、持っているだけで有効。

4)汽車が最後のマスに達した場合は、1歩以上好きなだけ後退させて、3ドルを得る。この場合、後退前に、最後のマスで駅の増築を行える。さらに、後退後に駅ホームに止まれば、その駅の増築も行える。

インディアンとの交易
  • テントタイルを1枚選び、それを得る。
  • ボードに記載された金額を得る、または払う。
    ※テントタイルが地図上にない場合、取れない。
危険の除去
  • 危険タイルを1枚選び、コストを支払い、タイルを得る(無料のものもある)。
  • タイルは、終了時に勝利点になる。
    ※危険タイルが地図上にない場合、取れない。
課題カードの獲得

1)以下いずれかの方法で、課題カードを1枚取る。
 a)ボード横の表になった課題カードから選ぶ。
 b)課題カードの山の一番上を引く。

2)取った課題カードを、表向きで捨て札にする。

3)共通課題ディスプレイから取ったときは、山から1枚引いて、表にして置く。

※課題カードの山が尽きたら、補充はしない。

標準アクション
  • 自色ボードに示されているアクション。
  • 中立の建物・自色の建物・カンザスシティ以外で使用できる。
  • 中立の建物・自色の建物で、場所アクションを使わない場合にも使用できる。
  • 以下がある。※c~eは、自色ボードのディスク解放後、使用できる。
    a)1ドルを得る。
    b)山札からカード1枚を引く。その後、手札から1枚を捨てる。
    c)1ドルを払い、汽車を1歩後退させる。その後、認定証を1歩進める。
    d)1ドルを払い、汽車を1歩進める。
    e)汽車を1歩後退させる。その後、手札を1枚ゲームから除く(箱に戻す)。
標準2倍アクション
  • 標準2倍アクションのアイコンがある場合、かつ、自色ボードのディスクが解放されているときのみ使える。
  • 以下がある。※これらは、標準アクションを2回行うのではなく、コストとボーナスが2倍になる1回のアクションとして扱う。
    a)2ドルを得る。
    b)山札からカード2枚を引く。その後、手札から2枚を捨てる。
    c)2ドルを払い、汽車を2歩後退させる。その後、認定証を2歩進める。
    d)2ドルを払い、汽車を2歩進める。
    e)汽車を2歩後退させる。その後、手札を2枚ゲームから除く(箱に戻す)。
隊長を進める
  • 実線の隊長マーク:止まった場所で再度アクションが可能。
    ※手札の補充(フェーズC)は再度のアクション後となる。
  • 点線の隊長マーク:止まった場所でアクションは使えず、かつ、カンザスシティには止まれない。
認定ポイントを得る
  • 認定ポイントを数字の歩数だけ進める(認定証マーカーを下向きに進める)。
  • 認定値の上限を超えて進められない。
    ※認定値の上限は、ディスクの除去で増える。上限を6にするディスクを、4にするディスクより先に除去してもよいが、上限を4にするディスクを除くまでは、6のマスには進めない。
ボーナスを得る
  • 所定のコストを払い、所定のボーナスを得る。
  • コストが手札の場合:
    ・手札からカードを選び、自分の捨て札置き場に捨てる。
    ・色のついたカードのアイコンは、その牛カードだけを対象にできる。
    ・*印のアイコンは、いずれかの牛カードを対象にできる。
    ・=マークのアイコンは、同じ種類のカードを複数枚捨てる。
  • コスト/ボーナスがお金の場合:
    ・マイナス数字:コスト。その金額を満額、銀行に払う。不足の場合は実行できない。
    ・プラス数字 :その金額を満額、銀行からもらう。拒否はできない。
    ※コインは無限にあるものとする。不足したら別の物品で代替する。


◎カンザスシティのアクション

サブフェーズ1:予告1 タイル移動

予告エリア1のタイル1枚を選び、対応する場所に移動させる。

イ)テントタイル:インディアン村の、最も金額が小さい空きマスに移動。※空きマスがなければ、ゲームから取り除く。

ロ)危険タイル:対応する危険エリアの、最も数字が空きマスに移動。※空きマスがなければ、ゲームから取り除く。

ハ)労働者タイル:進捗マーカーのある段のマスに、左から右に埋める。※左端のマスは、プレイ人数にしたがった位置とする。

※進捗マーカーの位置に労働者を置くとき、進捗マーカーを1個下に移動する。
※労働者タイルを置くマスがなければ、労働者タイルは選べない。
※労働者タイルを置けず、かつ、他のタイルがなければ、この手順は省略する。


牛カード補充
  • 進捗マーカーが黄色い矢印上を通過したら、牛カードを補充する。
  • プレイ人数に応じ、牛エリアに示された枚数になるまでカードを補充する。※牛カードの在庫が尽きたら、それ以上の補充はしない。

進捗マーカー
  • 進捗マーカーが赤い矢印上を通過し、ボード外に移動したら、ゲーム終了のトリガーとなる。
  • 進捗マーカーをボード外に動かした人が、進捗マーカーを得る。
サブフェーズ2:予告2 タイル移動
  • 予告エリア2のタイル1枚を選び、対応する場所に移動させる。
  • 手順は予告1と同じ。
サブフェーズ3:予告3 タイル移動
  • 予告エリア3のタイル1枚を選び、対応する場所に移動させる。
  • 手順は予告1と同じ。
サブフェーズ4:収入 手札の公開
  • すべての手札を公開する。
  • 手札の品種点(隅の数)を合計する。同じ種類の品種は1枚として数える。

認定証の適用
  • 一時認定証(自色ボード):1点消費につき、品種点を1点増やせる。
  • 永続認定証(駅長タイル) :常に品種点を1点増やせる。

収入
  • 品種点と等しい額のお金を銀行から得る。
  • この収入額はあとで使うので、手元のお金とはまだ別にしておく。

手札の廃棄
  • すべての手札を個人捨て札置き場に、表向きに捨てる。
サブフェーズ5:配送 都市の選択
  • 品種点以下の値を持つ都市を1つ選ぶ。
  • すでに自色ディスクが置かれた都市は選べない。
    ※例外:カンザスシティ・サンフランシスコは、何回でも選べる。

ディスクの配置
  • 自色ボード上のディスクを1枚取る(対応する新能力が解放される)。
  • ディスクを、選んだ都市のマスに置く。ディスクのコストがあれば払う。
  • 白い都市マス:自色ボードの白枠にあるディスクだけを移動できる。
  • 黒い都市マス:自色ボードの白枠・黒枠いずれのディスクでも移動できる。
    ※白い都市マスだが、黒枠ディスクしかないとき→そのディスクを移動する。
    ※ディスクがない・コストを払えない→どれかの駅の自色ディスクを移動する。
  • 置いた都市マスによっては、即時効果や勝利点が発生する。

輸送コストの支払い
  • 自分の汽車より先の都市を選ぶときは、追加コストを銀行に払う。
  • 追加コスト=自分の汽車より先にある×印の数と同じだけの額。
    ※品種点=都市の値と等しい額の収入を得ているため、必ず支払える。
リスタート 隊長の移動
  • 隊長をスタート地点に戻す。

予告エリアの補充
  • 予告エリアのタイルを、1~3の各山から引いて補充する。
  • 同じ番号の位置に、表向きに置く。


◎最終得点計算

1 所持金 お金5ドルにつき1点。
2 自分の建物 ボード上に置いた自分の建物タイルから、記載の勝利点を得る。
3 都市

ディスクを置いた都市マスから、勝利点を得る。
※カンザスシティ・サンフランシスコは複数ディスクがあれば、その枚数ぶん得られる。
※マイナスの勝利点もある。
※隣接する都市両方にディスクを置かないと得られない勝利点もある。

4 自色ディスクを置いた駅マスから、記載の勝利点を得る。
5 危険タイル 得た危険タイルから、記載の勝利点を得る。
6 山札・手札・捨て札の牛カードから、記載の勝利点を得る。
7 課題

山札・手札・捨て札にある課題カードそれぞれについて、以下いずれかを選ぶ。
a)個人課題エリアに加える。
b)ゲームから取り除く。

選んだ後、個人課題エリアにある課題カードの課題から、勝利点を計算する。
・課題を達成したカード:示された勝利点を得る。
・課題を未達成のカード:示された勝利点を失う。

※1つのカードの課題に使った要素は、別のカードには適用できない。
例)自分の建物1個の課題のカードが2枚あったら、両方を満たすには建物2個が必要。

8 駅長

得た駅長タイルの課題(下半分に記載)から、勝利点を計算する。
※課題カードの課題に使ったかどうかは関係なく、達成を判定する。

9 労働者 自色ボードの5・6列目にある労働者1人につき、対応する得点(4点)を得る。
10 自色ボード 自色ボード上の、ディスクを除いて解放された得点(3点)を得る。
11 進捗マーカー 進捗マーカーを持っていれば、2点を得る。


◎課題カード・駅長タイルの課題一覧

課題カード 自色の建物 自色の建物タイルがゲームボード上に1個あること。

指定色のテント 指定色のテントタイルを1個持っていること。

危険タイル 危険タイルを1個持っていること。

駅のディスク 駅に自色のディスクが1個置かれていること。

指定種類の牛

指定の修理の牛カードを1枚持っていること。

※山札・捨て札・手札のいずれにあってもよい。


指定都市のディスク 指定の都市に自色のディスクが1個置かれていること。
駅長タイル 労働者の数 自分の労働者1人(印刷されたものを含む)につき、1勝利点。

目的カードの組数

自分の目的エリアにある目的カード2枚につき、3勝利点。
※目的の達成・未達成は関係ない。


危険タイルの組数 持っている危険タイル2個につき、3勝利点。

テントタイルの組数 持っているテントタイルの緑と青のペア1組につき、3勝利点。

認定証の点数

認定証の点数2点につき、3勝利点。
※永続認定証・一時認定証を合計した点数。


◎中立建物タイル一覧

A

イ)白2の牛カード1枚を捨てて、2ドルを得る。
ロ)「労働者の雇用」アクションを1回行う。追加コストなし。
ハ)「労働者の雇用」アクションを1回行う 。追加コスト2ドル。

B イ)緑2の牛カード1枚を捨てて、2ドルを得る。
ロ)「建物の配置」アクションを1回行う 。必要建築家1人につき、2ドル。
C イ)自色ボードの認定証を1歩進める。または、「課題カードの獲得」アクションを1回行う。
ロ)「汽車の移動」アクションを1回行う 。自分の技術者数と同じ歩数まで、汽車を進められる。

D

イ)「インディアンとの交易」アクションを1回行う。または、2ドルを払って、汽車を2歩まで進める。
ロ)標準アクションまたは標準2倍アクションを1回行う。

E イ)黒2の牛カード1枚を捨てて、2ドルを得る。
ロ)「牛の獲得」アクションを1回行う 。
F

イ)同じ種類の牛カード2枚を捨てて、4ドルを得る。
ロ)「危険の除去」アクションを1回行う 。コスト7ドル。

G

イ)所有している技術者数と同じ歩数まで、汽車を進める。
ロ)標準アクションまたは標準2倍アクションを1回行う。


◎私有建物タイル一覧

1a イ)森に隣接して置いた自色の建物1個(このタイルも含む)につき、2ドルを得る。
2a

イ)白2の牛カード1枚を捨てて、4ドルを得る。
ロ)「牛の獲得」アクションを1回行う 。

3a

イ)同じ種類の牛カード2枚を捨てて、3ドルを得る。
ロ)隊長を1歩進ませる。止まった場所で再度アクションが可能。

4a

イ)「危険の除去」アクションを1回行う 。コスト5ドル。
ロ)隊長を2歩まで進ませる。止まった場所で再度アクションが可能。

5a

イ)労働者を1人雇う。コスト1ドル値引き。
ロ)自分の技術者数と同じ歩数まで、汽車を進められる。

6a

イ)黄3の牛カード1枚を捨てて、10ドルを得る。
ロ)標準アクションまたは標準2倍アクションを1回行う。 

7a

イ)自分の持つ緑と青のテントタイルのペア1組につき、自色ボードの認定証を2歩進める。さらに、ペア1組につき、2ドルを獲得する。

8a イ)「インディアンとの交易」アクションを1回行う 。または、標準アクションまたは標準2倍アクションを1回行う。 

ロ)汽車を2歩まで進められる。

9a

イ)汽車を3歩まで進められる。
ロ)以下の手順で、牛の臨時配送を行う。
1)汽車を1歩以上後退させる。副線(駅ホーム)・他の汽車を飛び越した歩数は無視し、歩数を数える。
2)後退した歩数を品種点と同様に扱い、カンザスシティでの「配送」手順を行う。都市の選択、ディスクの配置は同様に行うが、輸送コストは無料。
3)後退後のマスが駅ホームであれば、続けて駅の増築ができる。

10a

イ)自色ボードの認定証を現在の上限値まで増やす。
ロ)隊長を5歩まで進められる。止まった場所で再度アクションが可能。

1b

イ)手札から課題カードを1枚捨てて、認定証を2歩進める。
ロ)汽車を1マス後退させて、3ドルを得る。

2b

イ)灰1の牛カード1枚を捨てて、汽車を1マス進める。
ロ)緑2の牛カード1枚を捨てて、3ドルを得る。

3b

イ)標準アクションまたは標準2倍アクションを1回行う。
ロ)隊長を1歩まで進められる。止まった場所で再度アクションが可能。

4b

イ)自分のカウボーイ数1人につき、自分の山からカードを1枚引ける。その後、引いた枚数だけ捨てる。
ロ)隊長を3歩まで進められる。止まった場所で再度アクションが可能。

5b

イ)黒2の牛カード1枚を捨てて、認定証を2歩進める。
ロ)自分の技術者1人につき、1ドルを得る。

6b

イ)いずれかの牛カード1枚を捨てて、3ドルを得る。さらに、課題カードを置き場(表になったもの、または山の1番上)から1枚得て、直接手札に加える。※通常の課題カードの獲得と異なり、直接手札に加える。

7b イ)森に隣接して置いた自色の建物1個(このタイルも含む)につき、汽車を1歩進められる。
8b

イ)隣接する建物タイル1枚と、同じアクションを実行できる。
※このタイルのすぐ前後のマスに建物がある場合だけ有効(空マスなら無効)。

9b イ)自分の汽車よりも後ろにある駅1つを増築できる。
10b

イ)4ドルを得る。
ロ)汽車を4歩まで進められる。
ハ)隊長を4歩まで進められる。止まった場所で再度アクションが可能。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
仙人
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 427興味あり
  • 829経験あり
  • 344お気に入り
  • 652持ってる
プレイ感の評価
運・確率17
戦略・判断力40
交渉・立ち回り10
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘9
アート・外見19
作品データ
タイトルグレートウエスタントレイル
原題・英題表記Great Western Trail
参加人数2人~4人(75分~150分)
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿