マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 20分~35分
  • 12歳~
  • 2013年~

グラブウェル:9次元からの脱出マツジョンさんのレビュー

79名 が参考
0名 がナイス
19日前

ブラックホールに捕らわれた宇宙船を、引力や斥力を利用して操り、脱出を目指すゲームです。購入検討のために、内容を調査しました。


★ブラックホールの特異点に捕えられた!

 「グラビウェル(グラブウェル、Gravwell)」は、ブラックホールに捕えられた宇宙船を、無事に脱出させるゲームです。オリジナルは2013年発売の「Gravwell: Escape from the 9th Dimension(第9次元からの脱出)」、今年2021年に、要素が追加された第2版「Gravwell: 2nd Edition」が発売されました。

 今回、オリジナル版の英語マニュアルを読んで、内容を確認しました。第2版の内容は未確認です。
20211005zg01.jpg


★引力・斥力を使い分け、重力の井戸を脱出せよ!

 ブラックホールを示す渦巻き状のマップを、中心から外周に向けて、すごろくのように自分の宇宙船を進めていきます。道は1本道で、進める歩数は「燃料カード」に記載された数字で決まります。ところが、このカードの処理のしかたが、たいへんユニークです。

 カードは全26枚あり、A~Zで始まる元素名(架空の元素を含む)が記載されています。そして、元素の種類ごとに、進む歩数と、進む方式が異なっています。進む方式には、以下の3種類があります。

a)引力:もっとも近い他の宇宙船の方向に進む。
b)斥力:もっとも近い他の宇宙船と逆方向に進む。
c)トラクタービーム:他のすべての宇宙船を自分に向けて進ませる。
 

 つまり、他の宇宙船との位置関係を利用して、自分の宇宙船を「スリングショット(パチンコ)」のように推進させるわけです。しかし、他の宇宙船も、同様の移動をします。当初に狙っていた宇宙船と位置関係が入れ変わってしまうと、はからずも特異点(スタート地点)に逆戻り、なんてことも起こり得ます。

 6枚の手札を使い切って、1ラウンドが終了。全6ラウンドの間に、誰かの宇宙船がゴール(ワープゾーン)にたどり着けば、その人の勝ち。誰もゴールできなければ、もっともゴールに近い人が勝ちです。


★まとめ:設定と合致したトリッキーな移動が魅力!

 「グラビウェル」の内容を確認しました。魅力と懸念点をまとめます。

◎魅力に感じた点

  • 設定。「ブラックホール」「第9次元」「重力の井戸」など、SF好きであれば、言葉を聞くだけでワクワクする。装飾を抑えた、ハードな雰囲気の物品も魅力的だ。燃料カードの記載が「元素」であるのも、SFらしくてよい。
  • システム。ほかの宇宙船との位置関係で、進む方向が変化する、トリッキーな移動システム。このトリッキーさが、「ブラックホールから脱出する」という、突拍子もない設定と合致している。
  • パズル性。カード1枚で、自分の手番と、進む方法、進むマス数がすべて決まる。自分がどの順番になるか推測してカードを選ぶのが楽しそう。うまくいったときの達成感、失敗したときの悔しさがあり、毎手番ドキドキしそうだ。

◎懸念に思う点

  • システム。複雑性が高く、かなり長考してしまいそう。反面、読み切るのは実際的に不可能。結果的に「いきあたりばったり」となってしまい、運まかせのゲームになってしまうかもしれない。全員が行ったり来たりして、いっこうに脱出できないのでは? という不安もある。どの程度の成功率なのだろうか?
  • 見た目。飾り気がなく、硬質な感じ。たぶん、家族には不評だろう。
  • 入手性。日本語版がない。第2版の英語版が入手しやすいが、特殊カード(個別能力カード?)が追加されており、言語依存がある。


 重力の井戸を脱出するという設定と、トリッキーな移動システムがマッチした、SFらしい魅力があるゲームだと感じました。ただ、硬質な感じで家族で遊ぶのには向きそうにありません。購入は見送りです。

さらに詳しい内容確認は、以下ブログに書きました。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 8興味あり
  • 2経験あり
  • 0お気に入り
  • 5持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルグラブウェル:9次元からの脱出
原題・英題表記Gravwell: Escape from the 9th Dimension
参加人数1人~4人(20分~35分)
対象年齢12歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿