マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分~120分
  • 12歳~
  • 2015年~

グランドオーストリアホテルマツジョンさんのレビュー

103名
0名
3ヶ月前
0

今日からホテルのオーナーだ! 共通の場から選んだサイコロを活用し、部屋と料理でお客をもてなそう! さあ、買うべきか、買わざるべきか?
20211020zg01.jpg


1)テーマ

・年代:20世紀初頭
・場所:オーストリア・ウィーン
・プレイヤーの立場:ホテルの経営者
・目的:ホテルを大きく、有名にすること。
・行うこと:
 ・お客を集め、料理を提供する。
 ・部屋を準備し、お客を泊める。
 ・有能なスタッフを雇う。
 ・皇帝からの評価を高める。


2)ルール

詳細な和訳ルールは、以下に書きました(ボードゲーム情報サイト「ボドゲーマ」内)。

https://bodoge.hoobby.net/games/grand-austria-hotel/instructions/29763


○基本システム

・共通の場からのサイコロ選択によるアクション実行。


○大まかな手順

1)ラウンド制。全7ラウンド。
2)ラウンド開始時にサイコロを振り、出目ごとに分ける。
3)開始プレイヤーから、時計回りに手番をとる。
4)手番では、以下を順に行う。
 i)客カード1枚を取る(任意)。
 ii)サイコロを選び、対応するアクションを行う。
 iii)選んだサイコロを取り除く。
5)全員が2手番ずつ取ったら、ラウンド終了。
6)3・5・7ラウンド終了時、皇帝点により報酬・罰則がある。
7)ラウンド7が終わったら、ゲーム終了。


○勝敗

・勝利点が高い人が勝ち。得点源には、以下がある。
 1)ゲーム中の得点:お客の宿泊、皇帝の評価、など。
 2)終了時得点:所持カード、宿泊した部屋数、現金など。


○アクション

 選んだ出目のサイコロの数で、アクションの強さが決まる。
・出目1)食事を取る。サイコロの個数だけ取れる。
・出目2)飲料を取る。サイコロの個数だけ取れる。
・出目3)部屋タイルを取る。サイコロの個数だけ取れる。
・出目4)現金/皇帝点を、サイコロの個数だけ増やす。
・出目5)従業員カードを有効化。サイコロ個数ぶんコスト減。
・出目6)1金払い、好きな出目のアクションを行える。


○特徴的な要素

・ラウンド開始時に、共通のサイコロを振る。
 ・プレイ人数により、サイコロは10~14個。
 ・振ったサイコロを、出目ごとに分けて、共通の場に置く。
 ・サイコロ1個を選び、出目に対応するアクションを行う。
 ・同じ出目のサイコロの数で、アクションの強さが決まる。

・お客を宿泊させることで、得点を得られる。
 ・お客カードは、3枚まで個人ボードに置ける。
 ・お客ごとに、異なる料理、異なる色の部屋、が必要。
 ・料理と部屋を準備したら、お客を泊められる。

・3・5・7ラウンド終了時の皇帝の評価で、報酬/罰則がある。


★考察:「グランド・オーストリアホテル」の魅力と懸念点

◎魅力を感じた点

  • テーマと内容。ホテルを運営する、というのが分かりやすい。お客・部屋・料理の3点セットで得点、というのも、直感的に理解しやすくてよい。絵柄は、やや地味だが、暗い感じがなく好印象だ。個人ボードに部屋が増えていくのも、達成感・満足感がありそう。
  • サイコロ。全員が同じサイコロから選ぶので、不公平感が少ない。サイコロは、毎回違った環境を与える、イベントのようなものと納得できる(「オルレアン」のイベントカードのようなもの)。同じ出目のサイコロが多いほど、強いアクションができる。出目のめぐりあわせによっては、派手な効果を得られる楽しみがある。


◎懸念点

  • ゲーム内容。お客・部屋・料理を集めることの繰り返し。作業を淡々とこなすようになってしまいそうな懸念がある。ゲーム時間が90分と長いので、途中で飽きてしまわないのか。
  • プレイ時間。サイコロの出目がランダムな上に、お客カードの出現順もランダム。計画を立てられず、いきあたりばったりになってしまいそうだ。カードやサイコロを見てから行動を決めることになるため、思考時間が長く、待ち時間が長そう。長考族がそろう我が家には、向いていないゲームの予感がする。
  • 皇帝の評価。皇帝点が所定に満たないと、罰則がある。せっかく集めた成果を失う罰則もあり、嫌な気分になりそうだ。(ロレンツォ・イル・マニーフィコほどの、大きな罰則ではないのが救い。)


★判定結果:「グランド・オーストリアホテル」は買うべきか?

 以上を踏まえて、「グランド・オーストリアホテル」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※今すぐ買う/ぜひ買いたい/うちには必要ない、の3段階評価。


 客+部屋+料理で得点になる、という直感的で分かりやすいルールが魅力です。ただ、サイコロを使った「場なり」の作業を繰り返すだけになる懸念があります。プレミアム価格を払ってまで、購入の必要はないと判断しました。


入手性・リプレイ性・使用物品など、より詳しいレビューは、以下ブログに書きました。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 362興味あり
  • 562経験あり
  • 196お気に入り
  • 352持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿