• 2人~6人
  • 分前後
  • 2009年~
147
名に参考にされています
投稿日:2017年09月23日 21時30分

自転車ロードレースを題材にしたカードゲーム。

シンプルなルールながら、集団や風除けなど、ロードレースの要素が盛り込まれています。


コースは、ゴールまで何マスでは無く、ゴールまで何ターン、で表示され、各選手と集団の相対距離で表現されるため、コースマップを広げるスペースが不要なのは良いところ。
それでいて、登り、下り、平坦のカードの組み合わせで、毎回違った、起伏に富んだコースでプレイ出来るのが良いですね。
とはいえ、シンプルな分、あらかじめロードレースのイメージが無いと、レース感がイメージしにくいかもしれません。



選手は、平坦が得意、登りが得意、平均的、の3種類。
4-6人プレイでは1プレイヤー選手1人を使用しますが、2人プレイでは選手1-3人のチーム、3人プレイでは選手2人のチームを使用するため、チーム内の選手で、それぞれのステージを得意な選手が引くというロードレースならではの作戦がポイントになってきます。



カードで配られている体力を消費して進んでいくのですが、この体力なども公開情報で、運要素はほとんど無いため、2人対戦では 中盤でラストまで読み切れてしまうかと。コースと選手の特徴を掴んで、どこで勝負をかけるかの読み合いですね。
同じような進行方法のウサギとハリネズミと同様、3人以上で、それぞれの思惑が絡みあって混戦になった方が面白いかと思います。


基本的にカードゲームにはスリーブを付けているため、カードサイズが54mm×81mmとちょうど良いスリーブが無いサイズなのは個人的に残念なところでした。

  • 1興味あり
  • 2経験あり
  • 0お気に入り
  • 5持ってる
販売中の商品
該当商品が見つかりませんでした
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルジロ・デ・イタリア:カードゲーム
原題・英題表記Giro d'Italia Card Game
参加人数2人~6人(分前後)
対象年齢未登録
発売時期2009年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体リオ グランデ ゲームス(Rio Grande Games)ゲノス ゲームズ(Ghenos Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Dさんのレビュー

会員の新しい投稿