マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分~80分
  • 10歳~
  • 2007年~

ギャラクシートラッカーマツジョンさんのルール/インスト

865名
4名
約1年前
0

2021年改訂版。サマリーではない、詳細まで網羅した完全版ルールです。ゲーム中の確認にも便利なように、冗長な部分を省き再整理しました。完全日本語版の発売前でも、これで大丈夫!(物品の言語依存は、カードの固有名詞のみです。) 

※Czech Games Editionの「Galaxy Trucker」英語マニュアル(2021年)の和訳に沿っています。2021年版「銀河横断の旅」の称号獲得ルールも収録。 

※旧版からの主な変更点:①通常ゲームは1回の飛行となった。②3回の飛行を通して行うルールでは、称号の要素が追加された。

★PDF版は、以下に置きました(BGG)。
https://boardgamegeek.com/filepage/232738/japanese-rules-hand



◎ゲームの概要

 辺境の星に水道設備を作る会社が、画期的なビジネスモデルを提案した。水道設備で宇宙船を作り、そのまま星に届けようというものだ。君は、銀河の運び屋となって、部品を使って宇宙船を作り、危険な旅に出発する! 迫りくる隕石や宇宙海賊をかいくぐり、無事に目的地にたどり着けるだろうか?


◎ゲームの目的

 宇宙船を作った後、所定数のイベントを行い、ゲームは終了する。現金収支として、ゲーム終了時に以下を集計する。現金1点以上を残した人が勝ち(現金の多寡による順位はない)。

1)航行ボード上の宇宙船の順位。
2)宇宙船の外観。
3)宇宙船の積荷。
4)破損した部品の失点。


◎使用物品

<ボード>
・宇宙船ボード  2個
・航行ボード   4個

<共通物品>
・部品タイル   156個
・イベントカード 60枚(3レベル)
・砂時計     1個
・サイコロ    2個
・称号タイル   6個

<個人物品>
・宇宙船   4色×各2個
・開始タイル 4色×各1個

<コマ類>
・積荷キューブ   55個
・乗員フィギュア 42個
・異星人フィギュア 2色×各4個
・電池コマ     40個
・現金(単位:コズミック・クレジット) 68個


◎ゲームのバリエーション

1)練習飛行:初回プレイ用。時間制限がなく、イベントも限られている。
2)本番飛行:通常プレイ用。レベルⅠ・Ⅱ・Ⅲのいずれかを選んで遊ぶ。
3)銀河横断の旅:レベルⅠ~Ⅲを通し、3回の飛行を行う。称号獲得の要素が追加される。


◎遊び方:練習飛行

共有物品の準備

1)初回:航行ボードL(Learning)を置く。

2)部品タイルすべてを、裏向きにテーブル中央に置く。よく混ぜる。

プレイヤーの準備

1)宇宙船ボードを取る。レベルⅠの面を上にする。

2)色を選ぶ。自色の開始タイル1個を取る。開始タイルを宇宙船ボードの中央に置く。

3)自色の宇宙船1個を、宇宙船ボードに置く。

4)自色の宇宙船1個を、航行ボードの停泊マスに置く。

宇宙船の組立

1)「ゴー!」の掛け声で、全員が同時に宇宙船の組立を開始する。

2)タイルを取るときは、以下のルールにしたがうこと。
・片手だけを使う。タイルは同時に1個だけ取れる。
・取ったタイルは、自分のボードに移動してから表向きにする。
・タイルが不要なら、表向きのまま、山に戻す。

3)タイルが必要なら、必要な位置に設置する。以下のルールにしたがうこと。
・すでにある部品と隣接すること。
・すべての隣接タイルについて、ジョイントが正しくつながること。
 ・1本パイプは1本パイプとだけ、2本パイプは2本パイプとだけつながる。
 ・3本パイプは、どのパイプともつなげられる。
 ・パイプのある面は、パイプのない面とはつなげられない。
 ・部品とつながらない(露出した)パイプがあってもよい。
 ・組立中、宇宙船が2つ以上のつながらない部分に分かれてはならない。
・エンジンは、噴射口を後ろ(自分側)に向ける。すぐ後ろのマスに、別のタイルは置けない。
・キャノンは、発射口の向きのすぐ隣のマスに、別のタイルは置けない。
・次のタイルを山から取るまでは、自由にタイルの位置を動かして試してよい。
・次のタイルを山から取った後は、すでに置いたタイルを動かすことはできない。

4)宇宙船が完成したら、自色の宇宙船コマを空いているスタートマスに移動する。
・宇宙船ボードのすべてのマスを埋めなくてもよい。

5)全員が宇宙船を完成したら、タイル配置がルールにしたがっているか、互いに確認する。
・間違いがあったときは、部品を取り除いて、ルールを満たすようにする。
・山にあるタイルを使って再配置してよい。この場合、宇宙船コマを手元に戻す。
・空いた宇宙船コマのマスには、次のプレイヤーがコマを移動してもよい。

出発

1)残った部品タイルは、横にどける。

2)宇宙船ボードの各キャビンに、地球人2人ずつを置く。練習飛行では、異星人は使わない。

3)宇宙船ボードの各電源に、電池を所定数ずつ置く。

4)現金と積荷は、山にして、航行ボードの横に置く。

5)サイコロ2個を、航行ボードの横に置く。

6)イベントカード・レベルⅠの、左下にLマークのある8枚を裏向きに混ぜて、山にして置く。

宇宙の旅

1)宇宙船コマが先頭の人が、イベントカードの山を持つ。

2)先頭の人は、カードの一番上を表にして、場に出す。

3)カードの内容を、全員が処理する。

4)1)に戻って、カードがなくなるまで繰り返す。

旅の終わり

・すべてのイベントカードを使ったら、以下を行う。

1)順位点:宇宙船コマの順位に応じて、ボードに示された現金を得る。

2)外観点:露出したジョイント数を数える。もっとも少ない人が、示された現金を得る。
・同点のときは、その全員が、満額を受け取る。

3)積荷点:価格表にしたがって、積荷を現金と交換する。

4)捨て札置場にある部品タイル1個につき、現金1点を払う。

勝敗

・手元に現金が1点以上あれば、勝利!(順位はない)


◎イベントカード

惑星

1)先頭の人から順に、書かれた惑星1個を選び、手元の自色宇宙船を置く。選ばなくてもよい。

2)全員が選んだら、示された積荷を、山からもらう。

3)もらった積荷は、宇宙船のコンテナに置く。
・コンテナ1個につき、1個だけ置ける。赤い積荷は、特別コンテナにしか置けない。
・積荷をもらうときに、すでにある積荷の再配置を行える。超過分の積荷は、山に戻す。
・積荷は先頭の人から順に受け取る(+捨てる)。在庫が尽きたら、もらえない。

4)積荷をもらった人は、航行ボードの宇宙船コマを、指定数だけ戻す。
・複数の人がいるときは、後ろの人から順に戻す。
・すでに別の宇宙船があるコマは、飛ばして数える。

難破船

1)先頭の人は、難破船に行くか選ぶ。行かないときは、次の人から順に、行くか選ぶ。1人だけが行ける。

2)難破船に行った人は、所定の乗員を銀行に払い、示された現金をもらう。

3)難破船に行った人は、航行ボードの宇宙船コマを、指定数だけ戻す。

廃墟ステーション

1)先頭の人は、廃墟ステーションに行くか選ぶ。行かないときは、次の人から順に、行くか選ぶ。1人だけが行ける。示された数の乗員がいる必要がある(払う必要はない)。

2)廃墟ステーションに行った人は、示された積荷を受け取る。処理は惑星と同じ。

3)廃墟ステーションに行った人は、航行ボードの宇宙船コマを、指定数だけ戻す。

流星群

1)全員が流星の攻撃を受ける。先頭の人がサイコロを振る。 ※攻撃の詳細は後述

2)示された流星の数だけ、繰り返す。

敵(密輸船・海賊・奴隷船)

1)まず、先頭の人が戦う。自分のキャノンの強さを決める。

2)カード左上に書かれた敵の強さと比べる。結果により、以下を行う。

2a)自分の強さが上回れば、勝ち。以下の処理をして、このイベントは終了。
・示された物品を受け取り、宇宙船コマを指定数だけ戻す。
・受け取った現金(単位:コズミック・クレジット)は、手元に置く。非公開情報としてよい。
・物品は受け取らなくてもよい。その場合、宇宙船コマはそのまま。

2b)自分の強さと同じなら、引き分け。引き続き、次のプレイヤーが戦う。

2c)自分の強さが少なければ、負け。以下の処理をして、引き続き、次のプレイヤーが戦う。
・右上に書かれた物品を払う、または、攻撃を受ける。
・積荷を失うときは、価値の高いものから順に失う。足りないときは、かわりに電池を払う。
・積荷も電池もなければ、払わなくてよい。
・乗員を失うときは、示された数を山に戻す。
・攻撃を受けるときは、全員戦った後に、まとめて処理する。最初に負けた人がサイコロを振る。

3)誰かが敵に勝つか、全員が戦ったら、このイベントは終了。

宙域

1)先頭の人から順に、全員が1回ずつ行う。エンジンの強さを決める。

2)エンジンの強さと同じ歩数だけ、宇宙船コマを進める。
・すでに別の宇宙船があるコマは、飛ばして数える。

交戦地域

1)1行目:乗員がもっとも少ない人は、宇宙船コマを所定数だけ戻す。
・同点の人がいるときは、先頭に近い人がペナルティを受ける。2行目・3行目も同様。
・プレイヤーが1人しかいないときは、すべてのペナルティは無効。

2)2行目:エンジンがもっとも弱い人は、乗員を所定数だけ失う。
・ダブルエンジンを使うかどうか、先頭の人から順に決める。使うときは電池を払う。

3)3行目:キャノンがもっとも弱い人は、示された攻撃を受ける。
・ダブルキャノンを使うかどうか、先頭の人から順に決める。使うときは電池を払う。
・攻撃を受ける人が、サイコロを振る。

星屑

1)露出した(隣接するタイルがない)ジョイントの数を数える。
・パイプの数(1・2・3個)に関係なく、接続面1つにつき1個と数える。

2)最後のプレイヤーから順に、露出したジョイント数と同じだけ、宇宙船コマを戻す。

伝染病

・乗員のいる隣接しているキャビンがあれば、その各キャビンから1人ずつ乗員を山に戻す。

破壊工作

・乗員のもっとも少ないプレイヤーが、影響を受ける。以下処理を行う。
・同点のときは、先に進んでいる人が受ける。
・プレイヤーが1人しかいないときは、このイベントは無効となる。

1)サイコロ2個を振り、行(横方向の位置)を決める。

2)サイコロ2個を振り、列(縦方向の位置)を決める。

3)その行・列のタイルを取り除き、捨て札置場に移動する。
・タイルがない場合、もう一度サイコロを振る。
・最大3回繰り返し、3回ともタイルがなかったら、このイベントは終了。


◎個別ルール

攻撃

1)振ったサイコロ2個の数字を合計する。

2)示された方向の、その数字の行・列から、各宇宙船は攻撃を受ける。以下のように処理する。

a)当たらなかった場合、なにも起きない。

b)小さな隕石が当たった場合:
・その部品の当たった面にパイプが露出していなければ、なにも起きない。
・パイプが露出していれば、シールドを使うかどうか選ぶ。
・その方向を守るシールドがあれば、電池1個を消費して、守ることができる。
・守れなかったら、そのタイルを失う。

c)大きな隕石が当たった場合:
・その方向を向いたキャノンがあれば、撃ち落とすことができる。
・上からの隕石は同じ列、横・下からの隕石は同じ列または隣接列にキャノンがあれば使える。
・ダブルキャノンを使うときは、電池1個を消費する。
・撃ち落とせなかったら、そのタイルを失う。

d)小さな砲撃が当たった場合:
・その方向を守るシールドがあれば、電池1個を消費して、守ることができる。
・守れなかったら、そのタイルを失う。

e)大きな砲撃が当たった場合:
・防げない。当たったタイルを失う。

3)攻撃を受けて、防げなかったときは、そのタイルを取り外す。
・取り外したタイルは、宇宙船ボードの捨てタイル置場に置く。
・タイルを外すことで、ほかのタイルが本体から分離したら、それらのタイルも捨てる。
・分離したとき、どちらのタイル群を残すかは、選べる。
・タイルに乗っていた乗員や電池は、山に戻す。
・タイルを外すことで、キャビンから生命維持装置が外れたら、その異星人も山に戻す。

キャノンの強さ

・キャノンの強さは、前向きのシングルが1。前向きのダブルは2と数える。
・ダブルキャノンを使うときは、1個につき、電池1個が必要。
・横向き、後ろ向きのシングルは1/2。横向き・後ろ向きのダブルは1と数える。
・1に満たない端数も、そのまま強さとして用いる。
・紫の異星人がいれば、キャノンの強さを+2できる。ただし、もとの強さが0のときは除く。

エンジンの強さ

・エンジンの強さは、シングルは1、ダブルは2と数える。
・ダブルを加算するには、ダブル1個につき、電池が1個必要。
・茶の異星人がいれば、エンジンの強さを+2できる。ただし、もとの強さが0のときは除く。


◎遊び方:本番飛行

※黄色=練習飛行からの変化点

共有物品の準備

1)航行ボードを、レベルⅠ・Ⅱ・Ⅲから1個選び、置く。

2)部品タイルすべてを、裏向きにテーブル中央に置く。よく混ぜる。

3)航行ボードに示されたイベントカードの組み合わせで、4組の山を作る。

4)3組の山をボードの下側、1組をボードの上側に配置する。

プレイヤーの準備

1)宇宙船ボードを取る。対応するレベルの面を表にする。

2)色を選ぶ。自色の開始タイル1個を取る。開始タイルを宇宙船ボードの中央に置く。

3)自色の宇宙船1個を、宇宙船ボードに置く。

4)自色の宇宙船1個を、航行ボードの停泊マスに置く。

宇宙船の組立

1)「ゴー!」の掛け声で、砂時計をスタート位置にセットする。全員が同時に宇宙船の組立を開始する。

2)タイルを取るときは、以下のルールにしたがうこと。
・片手だけを使う。タイルは同時に1個だけ取れる。
・取ったタイルは、自分のボードに移動してから表向きにする。
・タイルが不要なら、表向きのまま、山に戻す。

3)そのタイルが必要なら、必要な位置に設置する。以下のルールにしたがうこと。
・すでにある部品と隣接すること。
・すべての隣接タイルについて、ジョイントが正しくつながること。
 ・1本パイプは1本パイプとだけ、2本パイプは2本パイプとだけつながる。
 ・3本パイプは、どのパイプともつなげられる。
 ・パイプのある面は、パイプのない面とはつなげられない。
 ・部品とつながらない(露出した)パイプがあってもよい。
 ・組立中、宇宙船が2つ以上のつながらない部分に分かれてはならない。
・エンジンは、噴射口を後ろ(自分側)に向ける。すぐ後ろのマスに、別のタイルは置けない。
・キャノンは、発射口の向きのすぐ隣のマスに、別のタイルは置けない。
・次のタイルを山から取るまでは、自由にタイルの位置を動かして試してよい。
・次のタイルを山から取った後は、すでに置いたタイルを動かすことはできない。

4)ボードの右上に、最大2個までタイルを保留できる。
・保留したタイルは、いつでも、組立に使える。
・保留したタイルは、山に戻すことはできない。
・保留したタイルを使えなかったときは、捨て札置き場に移動する。

5)タイルを1個以上配置したら、次の方法で、イベントカードを見ることができる。
・ボードの下側の3つの山から、いずれか1個を取って、中を確認してよい。
・カードを見たら、すでに置いたタイルを動かすことはできなくなる。
・カードを見ている間は、タイルを取ったり、動かしてはいけない。
・カードの山を見終えたら、元の位置に戻す。続けて、別のカードの山を見てもよい。

6)砂時計の砂が落ち切ったら、砂時計を次のマスにセットできる。
・次が最後のマスでないときは、誰でもセットできる。したくないときは、しなくてもよい。
・次が最後のマスのときは、宇宙船を完成した人だけが、砂時計をセットできる。

7)宇宙船が完成したら、自色の宇宙船コマを空いているスタートマスに移動する。
・砂時計が落ちたかどうかは、関係ない。
・宇宙船ボードのすべてのマスを埋めなくてもよい。

8)砂時計が最後のマスにあり、砂が落ち切ったら、砂時計を最後にひっくり返した人が「ストップ!」と言う。各プレイヤーは、すみやかに以下を行う。
・各プレイヤーは、宇宙船の組立を終了する。
・自色の宇宙船コマを空いているスタートマスに移動する。

9)全員が宇宙船を完成したら、タイル配置がルールにしたがっているか、互いに確認する。
・間違いがあったときは、部品を取り除いて、捨て札置き場に移動する。
・出発後に間違いを見つけたときは、部品を取り除き、かつ、現金1点を払う。

出発

1)残った部品タイルは、横にどける。

2)宇宙船ボードの各キャビンに、乗員を置く。
・開始タイルには、地球人2人を置く。
・生命維持装置が隣にないキャビンには、地球人2人を置く。
・生命維持装置が隣にあるキャビンには、その色の異星人1人か、地球人2人を置く。
・異星人は、各色1人ずつまでしか乗せられない。

・他のプレイヤーの配置が影響するときは、先頭の人から順に配置を行う。

3)宇宙船ボードの各電源に、電池を所定数ずつ置く。

4)現金と積荷は、山にして、航行ボードの横に置く。

5)サイコロ2個を、航行ボードの横に置く。

6)カードの4つの山を混ぜて、1つの山にする。一番上には、今回のレベルに対応するカードが来るようにする。

宇宙の旅

1)宇宙船コマが先頭の人が、イベントカードの山を持つ。

2)先頭の人は、カードの一番上を表にして、場に出す。

3)カードの内容を、全員が処理する。

4)以下の場合は、ギブアップとなる。イベントの終了時に判定する。
・地球人がいなくなったとき。異星人だけではダメ。
・開かれた宙域で、エンジンの強さが0のとき。宙域以外なら、続行できる。
・航行ボードで、周回遅れになったとき。
・自分でギブアップを決めたとき。次のイベントカードをめくる前に宣言すること。
・ギブアップした人は、航行ボードから自色の宇宙船を取り除く。

5)1)に戻って、カードがなくなるまで繰り返す。

旅の終わり

・すべてのイベントカードを使ったら、以下を行う。

1)順位点:宇宙船コマの順位に応じて、ボードに示された現金を得る。
・ギブアップした人は、もらえない。

2)外観点:露出したジョイント数を数える。もっとも少ない人が、示された現金を得る。
・同点のときは、その全員が、満額を受け取る。
・ギブアップした人は、対象外となる。

3)積荷点:価格表にしたがって、積荷を現金と交換する。
・ギブアップした人は、合計額の半額で売れる。端数は切り上げ。

4)捨て札置場にある部品タイル1個につき、現金1点を払う。

勝敗

・手元に現金が1点以上あれば、勝利!(順位はない)


◎銀河横断の旅 Transgalactic Trek

遊び方

・レベルⅠ・Ⅱ・Ⅲのフライトを順に、計3回行う。
・ギブアップしても、次のフライトには参加可能。
・所持金は、最小ゼロ。マイナスにはならない。

1回目

1)レベルⅠのセットアップをする。

2)称号タイルを、ランダムに、人数分だけ出す。銀の面を上にして、航行ボードの横に並べる。

3)通常ルールどおり、ゲームを行う。

4)終了時、外観評価の代わりに、称号評価を行う。
・ギブアップした人は対象外となる。
・各称号について集計を行い、最高点の人が、その称号を得る。同点のときは全員。
・全員が0点のときは、誰も称号を得られない。

5)称号を得た人は、1称号につき、現金2点を得る。

6)称号を得た人のうち、順位が先頭の人が、その称号タイルを受け取る。
・誰も称号を得なかったときは、順位が先頭の人が、その称号タイルを受け取る。
・全員がギブアップしたときは、ランダムにタイルを分配する。

7)複数のタイルを持っている人がいるときは、1枚を残し、持っていないプレイヤーに渡す。
・複数のタイルを持っている人が複数いたら、順位が先の人から順に行う。
・ギブアップした人にも、タイルを渡す。

8)全員が1枚ずつタイルを持った状態で、次のフライトを始める。

2回目

1)1回目に使ったイベントカードを、箱に戻す(以降は使わない)。

2)称号タイルと現金は、引き続き用いる。タイルは銀の面を上にして、宇宙船ボードの横に置く。

3)レベルⅡのセットアップをする。

4)通常ルールどおり、ゲームを行う。

5)終了時、外観評価の代わりに、称号評価を行う。
・ギブアップした人は対象外となる。
・各称号について集計を行う。
・自分の所有する称号について、最高点であれば、防衛は成功。同点でもよい。

6)防衛が成功した人は、現金4点を得る。さらに、称号タイルを金の面にする。
・防衛に失敗したら、称号タイルは銀の面のままとする。

3回目

1)2回目に使ったイベントカードを、箱に戻す(以降は使わない)。

2)レベルⅢのセットアップをする。

3)通常ルールどおり、ゲームを行う。
・金の称号タイルを持つ人は、称号で定められたハンディキャップにしたがう。

4)終了時、外観評価の代わりに、称号評価を行う。
・ギブアップした人は対象外となる。
・銀の面の称号の人は、2回目と同様に、防衛を判定する。防衛すれば現金6点を得る。
・金の面の称号の人は、防衛の判定をする。防衛すれば、倍の現金12点を得る。殿堂入りだ!

終了

・ゲーム終了後、現金を1点以上持っている人が勝ち。
・金の称号タイルを防衛すれば、レジェンドを名乗れる。
・もっとも現金が多い人は、究極の運び屋として名を残すだろう。


◎称号


獲得・防衛の判定

金のハンディキャップ

腕ききの運び屋

・荷物が1個以上乗ったタイルの数。

・倉庫タイルが隣接している場合は、いずれの倉庫とも使用できない。連結していなくても、隣接していれば使えない。
・攻撃を受けて隣接するタイルがなくなれば、使えるようになる。

電池野郎

・電池を使うタイルの数。
・電源タイルは数えない。

・電池を使うタイルと隣接している電源タイルには、出発時に電池を置けない。

異星人の親友

・異星人のいるタイルから、いちばん近いキャビンまでの、ジョイントに沿った歩数を数える。各異星人について数えて、合計する。

・生命維持装置をつなげるとき、3本パイプは3本パイプとつなげなければならない。

景色大好き船長

・以下条件をすべて満たすキャビンの数。
イ)乗員が乗っている。
ロ)ジョイントのない面を持ち、かつ、その1個以上の面が、タイルに隣接していない。

・キャビンに露出したジョイントが1個あるごとに、キャビンの乗員可能数が1人減る。
・異星人は2人ぶんと数える。
・攻撃を受けてジョイントが露出したときも、乗員可能数が減る。超過分は山に戻す。

組立マスター

・宇宙船を構成するタイルの数。

・宇宙船を作るとき、最初に保留場所に2個のタイルを置いてから、作りはじめる。
・保留場所のタイルは、組立中は動かせない。
・置くタイルは、ジョイント数の合計が5個以上になるようにしなければならない。
・保留場所に置いたタイルは、全員の宇宙船が完成後に、取り付けることができる。
・取り付けられなかったタイルは、1個につき現金1点を払い、山に戻す。

通路マニア

・ジョイントが1個または2個のタイルだけで構成された、もっとも長い連続部分のタイル数。

・ジョイントが1個または2個のタイルが壊れたとき、それに直接つながるジョイントが1個または2個のタイルも取り除く。


実際に遊んでの感想を、以下ブログに書きました。

この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
つばくろう
ヒロ
genkentgen
yonoji446
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 125興味あり
  • 401経験あり
  • 95お気に入り
  • 338持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿