マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アリスと謎とくらやみの物語Escalogue

★7(個人的10段階評価)


雰囲気抜群の「ほどよさ」が心地良い国産謎解きゲーム。


EXITやアンロック等に連なる、謎解きボードゲームの一つです。

開封し、謎や物語を読み、解答をはじき出し、次のお題に進む。その性質上、真に楽しめるのは一度のみ。

家で遊べる脱出ゲームだと思った方がいいですね。一度きりの体験ではありますが、とはえいリアル脱出ゲームの参加費用などを考えると、コスパはいいんじゃないかと。


私が思う本作の特徴は大まかに四つ。


・国産が故の「謎」に対する納得度

・スマホを使ったストーリー進行

・誰もが自力で正解にたどり着けるレベルの程よい難易度

・ノベル形式で厚く語られる物語


まず最初の国産が故の納得度ですが、海外の謎解きゲームの場合、どうしても答えが私達日本人の身近にない発想になってしまったりが時折出てきしまうのに対し、本作はそういうのが当然ありません。これは結構大きいかと。


次にスマホを使った進行。最近のボードゲームには専用アプリを使用するものが多いですが、本作はLINEを

用いた進行という点が非常に目新しく、作中のアリスと交信する設定も面白いと思います。ただ、後述しますがこれは多少欠点も孕んでいる部分であり……。


次に難易度。昨今の謎解きブームを受け、多くの謎解きが主に最終問題付近で「そんなの解けるかーい」というヤケクソみたいな難易度であるケースが往々にしてあるのですが。本作はそんなことなく、ちゃんと考えて解ける難易度に設定されています。ただこれは謎解き好きの方にとってみれば「歯ごたえがない」とも言えてしまう部分ではあるかと。私みたいなのには丁度良かったですけど。


最後に物語。LINEを通して「小説」という形で送られてくるそれは、非常に面白く単体作品として素晴らしいものです。


ただ……これを複数人による「謎解き」や「ボードゲーム」の最中に「ふむふむ」読みたいかというと、ちょっと微妙な気がします。


一人でしっとり遊ぶ分には問題ないというか、むしろ没入感を高めてくれる素晴らしい物語なのですが。


複数人より集まって遊ぶ際に、「それぞれ小説を読む」という時間がそこそこ発生してしまうのは、ちょっとネックかなと。これがたとえば「動画」等ならまだ複数人で見守るのも悪くないのですが、「読む」というのは速度にバラつきがあったりもしますので、複数人で遊ぶ際には向かない要素だなと私は感じました。変な間が出来がちというか。誰かが音読すれば解決する問題かもしれませんが……。


繰り返しますが、物語自体は楽しいです。だからこそ、自分のペースで読みたい……しかしそうも言ってられない。妙なジレンマです。


あと、LINEを使った試みは楽しいのですが、アリスと通信出来る要素は結局限られているため(当然ですが)、結果的に「文字入力ベースのため、若干やりづらい探索ゲーム」になってしまっているのが少し残念です。


長々と色々書きましたが、謎解きゲームとしては「ミニマムにまとまった佳作」といった印象です。満足感はありますし、物語も興味深いですが、驚きや感動みたいなものは薄く、難易度の低さゆえ「達成感」も高くはないかもしれません。ここは、人による部分なのですが。


アリスが好きな方、脱出ゲームの入門的なものをお探しの方にはオススメです。

あ、コンポーネントを破いたりとかはないので、繰り返しプレイが「出来ない」タイプのそれではないですよ。自分がやった後、家族がやる、というのは全然出来ます。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:すあま
マイボードゲーム登録者
  • 33興味あり
  • 24経験あり
  • 6お気に入り
  • 45持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルアリスと謎とくらやみの物語
原題・英題表記Escalogue
参加人数1人~6人(90分~180分)
対象年齢12歳から
発売時期2018年~
参考価格2,800円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体グループSNE(Group SNE)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 145
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月11日 12時38分

    クリア出来ましたのでレビューをしたいと思います物語としても面白かったですLINE連動も良い感じでした謎は謎ときが得意な人には普通か簡単な方なのかもしれませんが、私には半分くらいしか解けませんでしたwあと謎の答えをアルファベットで入力するので英単語の知識は最低限欲しいところです1人でのんびりやるも良し、皆で考えながらやるも良しです分岐などはない為、1度クリアしたら終わりのゲームです

    くずてつさんの「アリスと謎とくらやみの物語」のレビュー
  • 42
    名に参考にされています
    投稿日:2018年10月22日 14時11分

    難易度としては詰まる所も少し考えたらわかる程度の難しさです。LINEを使って行う謎解きボードゲームに斬新さを覚えつつゲームクリア後には程よいカタルシスを味わえるゲームだと思います。

    さぶやはさんの「アリスと謎とくらやみの物語」のレビュー
  • 207
    名に参考にされています
    投稿日:2018年10月17日 05時40分

    ★7(個人的10段階評価)雰囲気抜群の「ほどよさ」が心地良い国産謎解きゲーム。EXITやアンロック等に連なる、謎解きボードゲームの一つです。開封し、謎や物語を読み、解答をはじき出し、次のお題に進む。その性質上、真に楽しめるのは一度のみ。家で遊べる脱出ゲームだと思った方がいいですね。一度きりの体験ではありますが、とはえいリアル脱出ゲームの参加費用などを考えると、コスパはいいんじゃないかと。私が思う本作の特徴は大まかに四つ。・国産が故の「謎」に対する納得度・スマホを使ったストーリー進行・誰もが自力で正解にたどり着けるレベルの程よい難易度・ノベル形式で厚く語られる物語まず最初の国産が故の納得度...

    すあまさんの「アリスと謎とくらやみの物語」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク