マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 20分~40分
  • 7歳~
  • 2016年~

ドリーム・ホームDさんのレビュー

218
名に参考にされています
2018年04月11日 10時16分

場に並んだ部屋の種類のカードと家具などのカードを選び家を作っていくゲーム。

場に並んでいる部屋カードは毎ラウンド5枚で、12マスある個人ボードを埋めていくので12ラウンド。
12回最大5個の選択肢から選ぶだけとルールはシンプル。

とはいえ、部屋の種類ごとに拡張できる(同じ種類の部屋を並べて配置できる)枚数が決まっていたり、真下の階が埋まっていないとその上に配置することが出来ないなど、配置の制限があり、このルールに沿っていないと選んだカードに関係なく、得点にならない空き部屋扱いになってしまいます。

最大5個の選択肢と書きましたが、ラウンド中に場のカードは補充されないので、2番目のプレイヤーは4個、3番目のプレイヤーは3個、4番目のプレイヤーは2個の選択肢と、手番順の影響が非常に大きくなっています。
そのため、補助カードがもらえない代わりに、次のラウンドからスタートプレイヤーになる権利が付いた枠があり、ここの部屋カードをいつ取るかが重要に思えました。
特に、2-3人用ルールでは、4人用ルールよりもさらにスタートプレイヤーが有利になるため、この権利の取り合いを肝にデザインされていることが伺えます。

気になったところとして、「ドリームホーム」ということで好みの家を作るゲームかと思いきや、自分好みの家を作っていくと得点が伸びないことや、配置制限のルールのため自分好みの部屋割りが出来ないところが気になりました。(広い浴室、地下に書庫、ということができないのです…)
また、欧米人と日本人との住宅感の違いなのかと思いますけれど、「1階と2階の両方に浴室があるとボーナス」を始め、部屋の種類ごとの得点の感覚に違和感がありました。

同じ種類の部屋カードでもそれぞれイラストが異なり、個人ボードに部屋カードを並べていった仕上がりが綺麗で、ルールもシンプルで、場に並ぶカードの運要素が強く、スタートプレイヤー権や地下カードを巡る直接的でない妨害要素で、子供や初心者を誘い易いゲームではないかと思います。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • くずてつ
Dさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 67興味あり
  • 143経験あり
  • 27お気に入り
  • 98持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルドリーム・ホーム
原題・英題表記Dream Home / DOMEK
参加人数2人~4人(20分~40分)
対象年齢7歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Dさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク