マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2018年~

クアックサルバーマツジョンさんのルール/インスト

111名 が参考
0名 がナイス
2ヶ月前

ルールを分かりやすく再整理しました。細かい手順まで網羅しています。ゲーム中に分からなくなったとき、早見表的に参照できて便利です。

※Schmidt Spieleの英語マニュアル「Quacks of Quedlinburg」(2021/7 メーカーサイトより入手)の和訳に沿っています。別の版とは、一部ルールの異なる箇所があるかもしれません。

※カード・タイルの言語依存があります。本ルールがあっても、完全日本語版の入手が好適だと思います。


◎ゲームの概要

 クエドリンブルクの町に、市が立つ日がやってきた。プレイヤーは、さまざまな症状に効く薬を扱う、ちょっと怪しげな薬屋だ。材料をうまく混ぜて、価値の高い薬を作ろう。ただし、失敗すると爆発するぞ!


◎ゲームの目的

 9ラウンドを行い、もっとも点数(VP;Victory Points)の高い人が勝ち。主な得点源は以下。

1)ラウンド中に得られるVP :特定の材料の効果
2)ラウンド後に得られるVP :ラウンド終了時のボーナス、薬の完成度、など
3)ゲーム終了時に得られるVP:コイン・ルビーのポイントへの交換


◎使用物品

<共通物品>
・共通ボード 1個
・ラウンドマーカー(炎) 1個
・占いカード 24枚
・調合の本  12個(両面仕様)
・サイコロ  1個

<小物類>
・材料チップ 215個+予備3個
・ルビー   20個

<個人物品>
・鍋シート 4個(両面仕様)
・フラスコ 4個
・封印   4個
・しずく  8個
・マーカー 4個
・ねずみ石 4個
・袋    4個



◎準備

ボード

1)共通ボードを置く。

2)ラウンドマーカー(炎)をラウンド1のマスに置く。

3)橙・黒の本を、ボードの横に置く。2人用、または3・4人用の面を表にする。

4)緑・青・赤・黄・紫の5色の本から、下部のしおりの数が同じもの1式を選ぶ。
・各色は2個×表裏があり、それぞれしおりが1~4個のものがある。
・最初のゲームでは、しおり1個のものを選ぶ。

5)選んだ5色の本を、ボードの横に置く。黄・紫は離して置く(第1ラウンドで使わない)。

6)材料チップを色別に分ける。対応する色の本の横に、山として置く。

7)ルビーをボードの脇に、山として置く。サイコロ1個をボードの横に置く。

プレイヤー

1)各プレイヤーは、色を選ぶ。以下の物品を取る。
・鍋シート    1個 →試験管のない面を表にする。
・自色の封印タイル1個 →共通ボードの所定マスに置く。
・自色のマーカー 1個 →共通ボードの自色の封印の上に置く。
・自色のしずく  1個 →鍋シートの0マスに置く。
・自色のフラスコ 1個 →満タン面を上にして、鍋シートに置く。
・自色のねずみ石 1個 →鍋シートの皿に置く。

2)各プレイヤーは袋を持ち、以下を入れる。
・白1/白2/白4/橙1/緑1チップ 4/2/1/1/1個

開始プレイヤー

1)いちばん最近なにか料理をした人が、開始プレイヤーになる。

2)開始プレイヤーは、占いカードを混ぜる。裏向きの山にして、自分の前に置く。


◎遊び方

ラウンドの開始

1)開始プレイヤーは占いカードを1枚引く。内容を音読する。共通ボードの横に、表向きに置く。
・紫の占いカードは、ラウンド開始前に、全員に適用する。
・青い占いカードは、ラウンド中、またはラウンド後に、全員に適用する。
・まだ使用できない材料チップ(解禁前の黄・紫)に関する記載は無視する。

2)ラウンド2以降では、ねずみ石を使う。VPトラックで2位以降の人は、以下の処理をする。
・VPトラックで、1位のマーカーと自色マーカーの間にある、ねずみのしっぽの数を数える。
・ねずみ石を自色のしずくの上に置く。そこから、しっぽの数だけ、鍋の中を進める。

調合フェーズ

・全員が同時並行で、以下を行う。

1)袋からチップ1個を引く。※ゲーム中、袋の中を見ることはできない。
・ラウンド9では、「混ぜろ!」のかけ声で、全員同時にチップを引く。引かない人も袋に手を入れて、何も持たずに手を出す。(全ラウンドで、この方法をとってもよい。)

2)チップの色と同じ色の本を見る。引いたときの効果があれば、それを適用する。

3)引いたチップが白で、それにより爆発(後述)しなければ、以下手順でフラスコを使える。
・フラスコ面を空の面にする(すでに空のときは使えない)。
・引いた白チップを袋に戻す。チップ1個を引き直す。

4)引いたチップを、自分の鍋シートに配置する。
・最初のチップは、ねずみ石を起点とする。ねずみ石がなければ、しずくを起点とする。
・2番目以降のチップは、最後に置いたチップを起点とする。
・起点から、引いたチップの数字ぶんだけ進んだ場所に、チップを置く(空白が残ってよい)。

5)以下いずれかを選ぶ。
 a)次のチップを引く。上と同様に繰り返す(袋にチップがないときは選べない)。
 b)チップを引くのをやめる。袋から手を離し、自分の前に置く。

6)白いチップの数字を合計する。7を超えたら爆発となる。
・爆発したら、もうチップは引けない。最後に引いたチップは、通常どおり鍋に置く。
・爆発しなかったら、5)に戻って繰り返す。

7)全員がチップを引くのをやめたか、爆発したら、評価フェーズに進む。

評価フェーズ

1)最後のチップを置いたマスの次の空マスを特定する。これを評価マスと呼ぶ。

2)爆発しなかった人の中で、評価マスの数字を比べる。いちばん大きい人をトップとする。
・数字が同じ場合、先に進んでいるマスの人がトップになる。マスの位置が同じなら全員トップ。

3)トップの人は、サイコロを振る。示されたボーナスを得る。

4)開始プレイヤーから時計まわりに、チップ(黒・緑・紫)の効果を適用する。

5)評価マスにルビーがあれば、ルビー1個を得る。

6)開始プレイヤーから時計まわりに、以下2つを行う。爆発した場合、どちらか1つだけ選べる。
 イ)VPの獲得:評価マスの四角枠の数字だけ、VPトラックを進める。
 ロ)チップの購入:以下の手順で購入する。
 ・評価マスの数字だけ、コインを得る(コインは頭の中で数える)。
 ・チップの価格は、その色の本に示されている。チップの数字(1~4)により、価格が異なる。
 ・チップは最大2個まで買える。同じ色のチップは1個まで。
 ・このラウンドで使わなかったコインは、失う。次ラウンドに引き継げない。

7)すべてのチップ(鍋シートのもの+買ったもの)を袋に戻す。

8)ルビーを使って、以下を何回でも行える。
 イ)ルビー2個を払い、しずくを1歩進める。
 ロ)ルビー2個を払い、フラスコを満タンに戻す。

9)ねずみ石を鍋から除き、皿に戻す。

次のラウンド

1)現在ラウンド9なら、ゲーム終了となる。そうでなければ、以降の処理に進む。

2)占いカードの山を、左の人に渡す。その人が開始プレイヤーになる。

3)共通ボードのラウンドマーカーを、1マス進める。

4)ラウンドマーカーのマスの記載にしたがい、以下の処理を行う。
・ラウンド2/3:黄/紫の本を解禁する。他の本の近くに置く。
・ラウンド6  :各プレイヤーは白1チップを袋に1個ずつ追加する。

5)ラウンドの開始に戻り、ラウンドを続ける。

ゲーム終了

・ラウンド9の終わりに、以下のポイント交換が無制限にできる。
 イ)コイン5枚につき、1VP。
 ロ)ルビー2個につき、1VP。

勝敗

・VPがもっとも高い人が勝ち。
・同点のときは、最終ターンで評価マスが高かった人が勝ち。
・それでも同点なら、その人たち全員が勝ち。


◎調合の本

※セット1~4があるが、セット1のみ記載した。

<セット1>

橙:かぼちゃ

・特殊効果なし

青:カラスの頭

・青チップを引いたとき、以下の効果を得る。
1)青チップは、通常どおり鍋に置く。
2)チップの数字1/2/4に応じて、新たにチップ1/2/4枚を袋から引く。
3)引いたチップから1個を選び、鍋に置ける。残りは袋に戻す。すべて戻してもよい。
4)新たに置いたチップの効果も、通常どおり適用する。

赤:毒キノコ

・赤チップを引いたとき、鍋にある橙チップの数に応じて、以下の効果を得る。
イ)橙チップが1~2個:引いた赤チップを、通常より1歩先に置ける。
ロ)橙チップが3個以上:引いた赤チップを、通常より2歩先に置ける。

黄:マンドレーク

・黄チップを引いたとき、それが白チップを引いた直後なら、以下の効果を得る。
1)黄チップは、通常どおり鍋に置く。
2)直前に置いた白チップ1個を取り除き、袋に戻す。

・白チップの除去によって空いたマスはそのままにする(黄チップの位置は戻さない)。

黒:ドクロ蛾

・評価フェーズで、鍋にある黒チップの数に応じて、以下の効果を得る。
・2人用:
 ・鍋の黒チップ数が、対戦相手と同じ :しずくを1歩進める。
 ・鍋の黒チップ数が、対戦相手より多い:しずくを1歩進める。ルビー1個を得る。
・3・4人用:
 ・鍋の黒チップ数が、左右いずれかの人より多い:しずくを1歩進める。
 ・鍋の黒チップ数が、左右どちらの人よりも多い:しずくを1歩進める。ルビー1個を得る。

緑:クモ

・評価フェーズで、鍋にある緑チップの位置に応じて、以下の効果を得る。
・鍋の最後、または最後から2番目に投入された緑チップがあれば、チップ1個につきルビー1個を得る。

紫:幽霊の息

・評価フェーズで、鍋にある紫チップの数に応じて、以下の効果を得る。
イ)紫チップが1個  :1VPを得る。
ロ)紫チップが2個  :1VPとルビー1個を得る。
ハ)紫チップが3個以上:2VPを得る。しずくを1歩進められる。

・紫チップが少ないときの効果も選べる(例:チップが3個あるとき、2個の効果も選べる)。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 490興味あり
  • 1460経験あり
  • 482お気に入り
  • 739持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率41
戦略・判断力37
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見26
作品データ
タイトルクアックサルバー
原題・英題表記Die Quacksalber von Quedlinburg
参加人数2人~4人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿