マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~6人
  • 45分~60分
  • 10歳~
  • 2017年~

チャーターストーンマツジョンさんのレビュー

229名
0名
約2ヶ月前
0

10/10点! RPGのような成長感と、ゲームブックのようなストーリーを追う楽しさ。村の拡大とともにルールが変化していくレガシーワカプレ。さあ、買うべきか、買わざるべきか?


1)テーマ

・年代:架空の世界
・場所:グリーンガリー王国の新領土
・プレイヤーの立場:王に選ばれた市民
・目的:未開の地に村を作ること。
・行うこと:
 ・新しい建物を建設する。
 ・建物を利用して、必要な資源を集める。
 ・王国に物資を送り、評判を高める。

2)ルール

○基本システム

・ワーカープレイスメント。
・共通ボードへの建築。
・盤面変化を伴うキャンペーン(全12章)。


○大まかな手順(初回ゲーム時)

1.開始プレイヤーから順に手番をとる。

2.手番では、以下いずれかを行う。
 a)共通ボード上の場所1個を選び、ワーカーを置く。
  ・その場所のアクションを実行する。
  ・所定の条件を満たしたら、進行マーカーを進める。
 b)共通ボードのワーカーを、すべて手元に戻す。

3.進行マーカーが終了マスに達したラウンドで、ゲーム終了。


○勝敗

・ゲーム終了後、得点が高い人が勝ち。主な得点要素は以下。
 1)ゲーム中の得点:建築、追加要素の解放、目標カード達成など
 2)ゲーム後の得点:評判トラックの順位など

○アクション

a)飛行船:建物を建てる。
b)チャーターストーン:追加要素を解放する。
c)講演場:目標カードを達成する。
d)宝物庫:資源を現金に変換する。
e)市場:売場のカードを買う。
f)輸出:物品を本土に送り、得点や評判を得る。
g)生産:所定の資源を入手する。


○特徴的な要素

・レガシー要素がある。
 ・仲間カードの名前は、自分で書き込む。
 ・建物カードはシールになっていて、建築時にボードに貼る。
 ・建物を建てた後、そのカードは追加要素解放カードになる。
 ・追加要素を解放すると、指示された物品やルールが追加される。
 ・追加ルールやストーリーは、説明書の該当欄に貼る。

・ゲーム終了を決める進行マーカーは、以下条件で進む。
 ・誰かが建物を建てる。
 ・誰かが追加要素を解放する。
 ・誰かが目標カードを達成する。
 ・誰かが影響コマ(資源の一種)を使い果たす。


★考察:「チャーターストーン」の魅力と懸念点

◎魅力を感じた点

  • レガシー要素。建築のときは、カードがシールになっていて、シールを共通ボードに貼る。仲間カードには自分で名前をつける。新要素の解放のときは、新たなカードや物品を取りだすことができる。次はどんな要素が出るのか、ワクワクしながら楽しめそうだ。シールを貼ったり、新しい要素をアンロックしたりするのは、謎解きゲームブックに似たノリがある。子供たち(特に娘11歳)が喜びそうだ。
  • 雰囲気。明るい色使いと、親しみやすい2頭身のキャラクター。子供たちも、違和感なくゲームの世界に入り込めそうだ。豪華なコンポーネント(木製の資源、金属コイン)も、子供たちのウケが良いだろう。
  • ルール。少しずつルールが追加されていくレガシー式なので、小さい子供(長男7歳、次男5歳)も、おいてけぼりにならず遊べるのでは。


◎懸念点

  • キャンペーン式。全12ゲームで、1ゲームは60~90分とある。我が家は長考族がそろっているので、おそらく2時間はかかるだろう。果たして毎回2時間の拘束を、12回も続けられるかは未知。最初の数回の食いつきがいかほどか、にかかっているだろう。(アルママータのときは、あっというまに数十回もプレイした(→こちら)。しかし、当時ほどボードゲームに強い刺激を感じなくなった今では、同じゲームをそんなに続けて遊ぶとは思えない。)


★判定結果:「チャーターストーン」は買うべきか?

 以上を踏まえて、「チャーターストーン」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:ぜひ買いたい。(購入済み)

※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

明るくて優しい雰囲気の絵柄と、豪華なコンポーネント。新しいカードを引いたり、シールを剥がして建物を建てるレガシー要素にはワクワク感があり、子供たちも楽しめそうです。キャンペーン式なので、最後まで遊べるかが不安ですが、ぜひ遊んでみたい内容です。


すでに購入済みです。さらに詳しいレビューは、以下ブログに書いています。



この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
チャーターストーン 完全日本語版
チャーターストーン 完全日本語版の通販
謎が謎を呼ぶ傑作ワーカープレイスメント×レガシーゲーム、ついに登場!
残り1点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 10,780(税込)
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 103興味あり
  • 73経験あり
  • 24お気に入り
  • 122持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿