マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2017年~

センチュリー:ゴーレムマツジョンさんのレビュー

230名 が参考
1名 がナイス
約1ヶ月前

文句なしの10/10点だッ! 写真多めレビュー。圧倒的な遊びやすさ。大ぶりのクリスタルとユーモラスなゴーレムを集めるのが楽しい!


★人気カードゲームは「センチュリー」でキマリ!

 子供たち(娘10歳、長男7歳、次男5歳)と遊ぶボードゲーム・カードゲームを物色しています。気軽に遊べつつ、作戦を組み立てる戦略性も楽しめるもの、ということで、以下4種のカードゲームを比較しました。

1)宝石の煌き(ほうせきのきらめき、スプレンダー)
2)ドミニオン
3)センチュリー:スパイスロード/ゴーレム
4)世界の七不思議(セブン・ワンダー)

 テーマやゲーム内容を詳細に比較検討した結果、「センチュリー:スパイスロード/ゴーレム」が良い、と結論しました。ほどよい運要素があり、ライトに楽しめそうだと思ったからです。

 「センチュリー:スパイスロード」と「センチュリー:ゴーレム」は、テーマと物品のみ異なり、ゲーム内容は同一です。子供たちと遊ぶことを考えて、ファンタジーがテーマの「ゴーレム」を選びました。(スパイスロードは、シルクロードのスパイス売買で、ピンとこない。物品も地味。)


★さあ開封! 大粒のクリスタルに大興奮!

 箱を開けて、子供たちをひきつけたのが、「クリスタル(宝石)」です。想像よりも、かなり大粒です。直径15mmほどあります。黄・緑・青・赤の4色があって、キラキラとしてきれいです。この宝石だけで、スパイスロードでなくゴーレムにして正解だった、と思いました。子供たちの、食い付きが違います!
20211015zg103.jpg


 次にカード。タロットカードのような縦長の形状で、大きいです。下の写真の左が、一般的なトランプサイズのカードです。これと比べると、かなり大きいことが分かります。場に並べると、見映えがします。

20211015zg102.jpg


★洗練されたシンプルなルールで、遊びやすい!

 さっそく、娘10歳、長男7歳、次男5歳で、4人で遊びました。まず、カードを並べて、売場を形成します。ゴーレムの売場と、仲間カードの売場があります。各自の手元には、クリスタル倉庫のカードを配置します。これだけ手の込んだカードゲームを遊ぶのは、全員が初めてです。ワクワクしてきます。
20211015zg201.jpg


 大まかなゲームの流れは、以下の通りです。

1)全員、同じ構成のカード2枚を手札に持ってスタート。
2)開始プレイヤーから、時計回りで手番を取る。
3)手番では、以下いずれかを行う。
 a)カードを出し、効果を使用する。
 b)クリスタルを払い、売場のカードを手札に加える。
 c)使ったカードをすべて手札に回収する。
 d)指定クリスタルを払い、ゴーレムおよびコインを得る。
4)誰かがゴーレムを所定数集めた回で、ゲーム終了。
5)ゴーレムとコインの点数を合計し、いちばん高い人が勝ち。

 1手番にできることは1つだけ。手札には効果だけが記載されている。購入コストは全カードとも同一。ゴーレムカードの記載もコストと得点だけ。使った手札はまとめて回収。というわけで、すべてが非常にシンプルで、分かりやすいです。初めて遊ぶにも関わらず、子供たちも、迷うことなく遊べました。


★クリスタル&ゴーレムを集めるのが楽しい!

 次男5歳が、特に気に入ったようです。一時期は、毎日のように「ゴーレムやろう!」と言ってきました。特に、クリスタルをガチャガチャと入れたり出したりする作業が、楽しいようです。いちどにたくさんクリスタルを交換するときは、興奮気味です。手元にたくさんのクリスタルが集まるのも、満足感がある様子です。

20211015zg501.jpg


 私のお気に入りは、ゴーレムのイラストです。それぞれが、人間の役に立つ仕事をするゴーレムなのです。左から、魚を獲るゴーレム、畑で収穫するゴーレム、鐘を鳴らすゴーレム、でしょうか。どれも、ほのぼのとした、平和な雰囲気です。「鐘を鳴らすのにゴーレムは必要か?」など、子供たちと会話しながら、なごやかに遊ぶことができました。

20211015zg255.jpg


★まとめ:魅力的な物品、シンプルで奥が深いゲーム!

 「センチュリー:ゴーレム」を子供たち(娘10歳、長男7歳、次男5歳)と遊びました。良い点、悪い点を書きます。

◎良い点

  • クリスタル。大ぶりで、キラキラして美しい。手札を使うたびに、トレーのクリスタルをガチャガチャと取ったり戻したり、その作業が楽しい。倉庫に色とりどりのクリスタルが貯まると、とても充実感がある。専用トレーの同梱は、片付けも便利で嬉しい。
  • ゴーレム。どれも、ほのぼのとした雰囲気で、人の役に立つ仕事をしている。このゴーレムは何をしている、本当に役立つのか、など、会話をしながら、楽しくゲームができる。
  • カードの表示。たいていのゲームだと、1枚のカードに、効果・購入コスト・勝利点など、複数の内容がゴチャゴチャと記載されている。このゲームでは、手札に記載は効果のアイコンのみ。非常に分かりやすい。
  • ルール。手番でできることは1つだけ。各アクションも、きわめてシンプルで分かりやすい。子供たちも、最初から理解して遊ぶことができた。次男5歳も上手に遊べる。
  • 運要素。カードは明らかに強い・弱いがあるが、コストは売場の並びだけで決まる。カードの出現順によっては、初級者でも経験者に勝てるチャンスがありそう。
  • プレイ時間。2人なら、30~40分で終わる。平日の夕方でも、気軽にチャチャッと楽しめる。それでいて、しっかり遊んだ満足感がある。


◎悪い点

  • カードサイズ。手札、ゴーレム、倉庫があるが、すべて同一の大きさ。セットアップや片づけのときに、分別がやや面倒。ゴーレムや倉庫は別サイズにすれば、もう少し扱いやすかったのでは。
  • プレイ人数の依存。4人だと、やや待ち時間が長く感じた。2人だと、売場カードの回転が悪く、手が滞る感じがある。3人がベストでは。


 大粒のクリスタル、ほのぼのとしたゴーレムのイラストが素敵です。シンプルなルールながら、作戦を組み立てていく楽しさがあり、充実感・達成感を得られます。何度遊んでも楽しめる、素晴らしいゲームに出会えました! こいつはすごいぜッッ!!


物品詳細、ルール概略など、詳しいレビューは、以下ブログに書きました。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
taka
センチュリー:ゴーレム
センチュリー:ゴーレムの通販
《ソウル・クリスタル》を取り引きし最高のゴーレムを作り上げよう!
残り2点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 5,280(税込)
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 290興味あり
  • 834経験あり
  • 248お気に入り
  • 468持ってる
プレイ感の評価
運・確率12
戦略・判断力32
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘1
アート・外見29
作品データ
タイトルセンチュリー:ゴーレム
原題・英題表記Century: Golem Edition
参加人数2人~5人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿