マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 1997年~

モンテカルロの夜hoteltokyoさんのルール/インスト

187
名に参考にされています
2019年02月21日 17時50分

モンテカルロの夜

地中海の小国モナコの都市モンテカルロを舞台に、 

公的に禁じられているゲーム「BANQUE FATALE」という富裕層のみに嗜まれていたゲームです。

箱やゲームボードのデザイン通りトロピカルでエキゾチック、

なおかつスマートに無駄のないシステム、

劇的に変わるカルトファタールと呼ばれるカードの価値。

1997年に発売されたとは考えられないくらい無駄がなく、

ゾクゾクするボードゲームです。

可能であれば、ドレスアップし、ジャズを聴きながら、

アルコール度数の強いカクテルを片手にプレイをしてください。


コンポーネント

  • ボードゲーム1枚
  • 価値マーカー5つ
  • 色ごとに別れたエース(1種類か2種類)が記されたカード16枚(カルト・ファタールと呼びます)
  • 100万フランの価値があるカラーチップ40枚(各8カラー:赤、黄色、緑、青、オレンジ)
  • 囲い4枚
  • マネーカード52枚(各13枚:100万フラン、200万フラン、500万フラン、そして1000万フラン)
  • ルールブック1枚



準備

ボードを横に配置します。価値一覧表にある600万フランの場所に価値マーカーを配置します。各プレイヤーに各それぞれのカラーチップ2枚を配り、囲いを立てます。1カラーしか持たないカルト・ファタール(カード)を各プレイヤーが選び1枚ずつそれぞれの前に表向きに配置します。余りのカルト・ファタール(カード)をシャッフルしてその中から3枚を引き、表にしてボード上の「カルト・ファタール」と書かれている場所に下から配置します。ボード上の一番上の「カルト・ファタール」には余りのカルト・ファタール(カード)を裏側にして山札として配置します。マネーカードを4つの山札にしてボード上の「バンク・ファタール」と書かれた4つの場所に配置します。


ゲームのアイデアと目的

カルト・ファタール(カード)は値段が上昇し、売却するに魅力的な価値となります。あなたの目的はあなたの競り勝ったカルト・ファタール(カード)の価値を高め、適切なタイミングで売却することになります。最後に一番お金を持っているプレイヤーが勝利となります。


プレイ方法

スタートプレイヤーを選びます。時計回りに手番が移ります。

スタートプレイヤーは、ラウンド中に下記のアクションをします。

フェーズ1ではオークションに出されるカルト・ファタール(カード)を選びます。

フェーズ2ではボード上のチップを数えて、カラーの価値を変えます。

フェーズ3ではカルト・ファタール(カード)をバンク・ファタール(ボード上の)へ売ることができます。


フェーズ1:オークション

スタートプレイヤーはボード上にある表向きのカード3つのうち1つを選びます。その1枚を全プレイヤーに見える位置に移動させます。これがオークションに掛けられるファタール(カード)になります。ボード上の空いたスペースは、山札から代わりのカード1枚を取り再配置します。すべてのプレイヤーは自身の囲いの中で、ファタール(カード)に入札したい枚数のチップを手に持ちます(何枚でも可)。もし望むならば、1枚も入札しないことも可能です。

そして、入札したチップを同時に公表します。一番チップを多くもっていたプレイヤーがカードを獲得します。もし、同数だった場合、時計回りにスタートプレイヤーに一番近いプレイヤーが獲得するか、そこにスタートプレイヤーも同数で加わっていればスタートプレイヤー自身が獲得します。すべてのプレイヤーの入札したチップはテーブルに残ります。


フェーズ2:カラーの価値の変動

スタートプレイヤーは、すべてのプレイヤーのチップを色別に分けます。一番多く使われていたチップが少なくとも2つ以上ある限り、その価値は200万フラン分上がり、価値マーカーを2スペース分アップします。もし同数だった場合どちらも200万フラン上がります。もし、1色のカラーチップが1枚のみ場に出された場合、その色の価値は100万フラン下がります。もし1つも場に出されないカラーチップがあれば、価値は200万フランに大幅に落ちます(価値一覧表の一番低い「2」と書かれた場所へ)。

カラーチップが1000万フランを超えた場合、エースのオーナーは支払いを受けます。1100万フラン以上の価値がある各エースに対してプレイヤーは500万フランを銀行から受け取ります。各エースが1200万フランの価値がある場合、プレイヤーは600万フランを受け取ります。

例:赤が1100万フランの価値があります。プレイヤーは赤2個のエースのカードを担保しており、そして他に赤1つのエースを持ったカードも保持しています。合計1500万フランを銀行から受け取ります。

銀行から受け取った後、影響があった価値マーカーは600万フランの枠(6の枠)に戻ります。フェーズ1で場に出されたすべてのチップはここで再配分されます。先程のオークションに競り勝ったプレイヤーの左のプレイヤーから順番にチップを1枚選択して取ります。このアクションは時計回りに行います。少量かけたプレイヤーや、ビットしなかったプレイヤーもちろんよりチップが戻され、沢山ビットしたプレイヤーは損するかもしれません。


フェーズ3:売却

スタートプレイヤーは、オークションで獲得した手元にあるカルト・ファタール(カード)を1枚のみ銀行に売ることができます。たった今このラウンドで獲得したカードは売ることが出来ません。それ以外のカードを現在の価値表と照らし合わせてマネーカードを銀行から受け取ることが出来ます。もし、カードが2つのエースを持っていれば、各エースの価値を組み合わせて売ることもできます。

例:カードAは赤と緑のエースを持っています。赤は7の価値を持ち、緑は9の価値を持ちます。プレイヤーはカードを1600万フランで売りました。売られたカードはゲームから除外します。


次のラウンド

前のラウンドでスタートプレイヤーの左隣りにいる人が次のスタートプレイヤーです。すべてのアクションをフェーズごとに実行します。


ゲームの終了条件と精算

ゲームはカルト・ファタール(カード)がなくなるまで続きます。ちょうど勝者が決まりました。各プレイヤーはお金を計算し、柵の裏にある各チップは100万フランで計算をします。そして、競り勝ったカルト・ファタール(カード)の価値も価値一覧表に従って追加します。合計値が一番高いプレイヤーがゲームの勝者です。


ノート

 誰もそのカラーに入札していなければ、その色の価値は200万フラン分下がるのではなく、チャートにある200万フランまで下がるという意味です。 プレイヤーは、今手に入れたカードを売ることはできません。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
hoteltokyoさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 16経験あり
  • 3お気に入り
  • 9持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力4
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルモンテカルロの夜
原題・英題表記Banque Fatale
参加人数3人~4人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1997年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿