マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 90分~120分
  • 10歳~
  • 2020年~

アマルフィきねちんさんのレビュー

253
名に参考にされています
2020年06月28日 13時04分

海運都市のアマルフィの商人として、貿易により様々な契約を達成し、都市の発展に最も貢献した(勝利点を獲得した)プレイヤーが勝利となるワーカープレイスメントのお使いゲーム。


まず目を引くのがボード類のアートワークの高さ。国産ではなく、ユーロゲームを彷彿とさせるクオリティである。

また、紙製のコマ類はなく、全て木ゴマでプリントが施されており、流石は様々なアップグレードキットを手掛けているuchibakoyaがパブリッシャーであると実感できる。

純国産のユーロゲームで、国産ゲームも遂にここまできたかと感慨深いものがある。


ゲームシステムはワーカープレイスメントだが、ワーカー(船コマ)が資源(香辛料、小麦、財宝、織物、ワイン)保管スペースを兼ねており、資源を使用すると再度ワーカーとして使用できる。

表現上はお金(ターリ)が出てくるが、サプライとしては存在せず、資源の価値を表す“ものさし”とされている程度。

契約や海図の支払いには制限があり、資源の種類と価値(何ターリ相当)が個別に設定されていて、小麦で7ターリ分支払うというカタチとなる。

この辺りの基本システムが特殊で非常に理解しづらい。


ゲームは4ラウンドあり、ラウンドはアクションフェイズ、食糧フェイズ、決算フェイズで構成される。

アクションフェイズはワーカーを配置し、アクションを実行する。

アクションマスは多いが、基本的には資源獲得である。

ワーカーを使用しないアクションとして、海図の獲得、契約の達成、人物カードの使用、ワーカーの獲得がある。

海図は獲得することで自分だけのワーカーアクションスペースとなり、終了時の勝利点(0〜3点)が設定されている。

契約は、建物、書籍、絵画の3種類があり、それぞれ6〜12点の勝利点が設定されていて、このゲームの主要得点源となっている。

人物カードは、即時系、永続系、アクション系、終了時(得点)系があり、某火星開拓ゲームと似た様な構成。

その他、植民地という要素があり、食糧の収入源かつ保持上限を引き上げてくれる。


食糧フェイズでは、植民地数に応じた食糧を獲得し、ワーカー数に応じた食糧を支払う。


決算フェイズでは、ラウンドボーナスの獲得とクリンナップを行う。


最終得点計算として、海図、契約、人物カード、植民地、称号(条件を満たせば達成)の得点を合算し、最も勝利点が高いプレイヤーが勝利となる。


このゲームの楽しいところは、資源をこねくり回して、カードを獲得していくところで、終盤は脳が溶けそうな感じになる。資源のマネジメントのゲームが好きな方には、オススメの一品である。


ただ、残念なところもあり、説明書に実際の資源のやり取りなどの例がなく、このゲームのポイントであり、難解な部分に対するフォローが十分ではないと考えます。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • maro
  • Nobuaki Katou
きねちんさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 79興味あり
  • 54経験あり
  • 31お気に入り
  • 79持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力7
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見7
作品データ
タイトルアマルフィ
原題・英題表記Amalfi
参加人数1人~4人(90分~120分)
対象年齢10歳から
発売時期2020年~
参考価格7,600円
クレジット
ゲームデザインTakewatch
アートワークウラベロシナンテ別府さい
関連企業/団体うちばこや
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿