マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~7人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2011年~

世界の七不思議マツジョンさんのレビュー

583名
1名
12ヶ月前
0

隣の人からカードを受け取り、古代文明を発展させろ! 戦略的カードゲーム:宝石の煌き・ドミニオン・センチュリー・世界の7不思議の4件を、比較検討します。


比較物件

1)宝石の煌き(ほうせきのきらめき、スプレンダー)
2)ドミニオン
3)センチュリー:スパイスロード
4)世界の七不思議(セブン・ワンダー)


内容:世界の七不思議(7 Wonders)

 古代都市のリーダーとなり、文明を発展させる。3~7人、約30分、10歳以上。カードのほか、個人ボードと各種チップがあります。手札から1枚を選び、残りを隣のプレイヤーに渡す「ブースター・ドラフト」と呼ばれるシステムでゲームが進みます。

 大まかな手順は以下:

1)各自、異なる内容の個人ボードを持ってスタート。

2)最初の手札は、各自7枚。

3)全員同時に、以下を行う。
 i)手札から1枚選び、手元に出す。
 ii)残りカードを隣に渡す。
 iii)出したカードを使用して、以下いずれかを行う。
  a)建設:コストを満たし、カード効果を発動する。
  b)驚異:コストを満たし、個人ボード効果を発動する。
  c)収入:カードを捨て、コインを得る。

4)発動したカードは、表向きに並べる。
 ・記載されたアイコンは、回数制限なくコストとして使える。

5)以上を6ターン繰り返し、ラウンド終了。
 ・ラウンド終了時、軍事点の多寡でチップを獲得する。
 ・ラウンドごとに、使用するカードが変化する。

6)ラウンド3が終わったら、ゲーム終了。

7)以下要素から、得点計算する。もっとも点の高い人が勝ち。
 ・所持品:軍事チップ、コイン
 ・建造物:発動したカード、個人ボードによる得点


所感:魅力と懸念点

<良さそうなところ>

  • プレイ時間。各自が効果を同時に解決するので、プレイ時間が短そう。ラウンド数が固定なので、安定したプレイ時間になりそうだ。
  • カードの効果発動。カードを手元に並ぶほど、高コストのカードも発動できるようになる。いわゆる「拡大再生産」で、後半にいくにしたがって派手になるプレイ感を楽しめそうだ。

<いまひとつのところ>

  • 外観とテーマ。絵柄が暗い感じで、楽しそうに見えない。世界の七不思議だが、不思議な感じがしない。子供たちには、まったくウケないだろう。
  • 使用物品とルール。大きめのボードを使い、やや手軽さに欠ける気がする。ルールもやや煩雑(ラウンド終了時の処理、最後の点数計算など)で、スムーズに遊べるようになるまで、時間を要しそうだ。
  • 人数。3人以上でないと遊べない。2人用も可能だが、複雑な追加ルールが必要になるようだ。
  • カード種類。カードの中には、特定の建物の建設コストとして使えるものがある。どのような組み合わせがあるのか覚えていないと、有効活用ができない。経験者と初心者で、差が大きく出てしまいそうだ。
  • 価格。カード主体の内容なのに、定価6600円(実売約5500円)。とても買う気になれない価格設定だ。 


 今回の候補の中では、ほどよい運要素があり、ライトに楽しめそうな「センチュリー:スパイスロード」が一歩リードです。


さらに詳しい比較検討は、以下ブログに書きました。


この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
マンモス西
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 1480興味あり
  • 3228経験あり
  • 876お気に入り
  • 1443持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿