マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~10人
  • 45分前後
  • 8歳~
  • 1994年~

6 ニムトマツジョンさんのレビュー

54名 が参考
1名 がナイス
24日前

手札から数字を出して並べる! 6番目になってはダメ! 子供たちとサクッと手軽に遊びたい。運ばかりでなく頭も使うカードゲーム4点を比較しました。

1)ニムト
2)ハゲタカのえじき
3)コロレット
4)ラマ 


概要:ニムト

 「ニムト」は、原題を「6 Nimmt」と言います。nimmtとは、ドイツ語で「取る」の意味です。1994年に発売開始されたもので、25年以上も遊ばれている、定番ゲームです。(英語版は「take 5」で、5枚を取れ、の意味です。)


遊び方

 手札からカードを場に出し、一定条件が満たされると、場に並んだカードを取らなければなりません。カードを取るほど、失点となります。すなわち、カードをなるべく取らないようにするゲームです。大まかな遊び方は、以下の通りです。

1)カードには、1~104の数字が書かれている。

2)場に4枚のカードを、縦に並べて置く。

3)1人につき、10枚のカードを配る(手札)。

4)手札1枚を選び、全員が同時に出す。

5)数字の小さい人から順に、条件にしたがってカードを場に移動する。

6)行の6枚目のカードを置いた人は、その行の全カードを取る。

7)以上を、手札がなくなるまで繰り返す。

8)取ったカードに書かれた牛マークの数を合計して、1ラウンド終了。

9)カードを配り直して、以上を繰り返す。点数は積算していく。

10)誰かが66点以上になったら、ゲーム終了。点数が低い人が勝ち。


遊んでみての感想

<メリット>

・準備や片付けが簡単で、手軽に遊べそう。
・カードをどこに出すのか、頭を使いそうだ。運だけでは勝てそうにない。
・数字の大小を比較するので、知育になるかもしれない。


<デメリット>

・減点式。カードをなるべく取らない、という概念が、最初は理解しにくいかも。
・誰かが66点になるまで、何ラウンドも続ける。点数のメモが必要。4~5ラウンドかかり、ちょっと長い。
・カード数が104枚と多い。トランプ2組ぶんであり、切るのがちょっと大変。遊んだ後、近い数字が固まるので、よく切らないといけない。人数が多いと、ゲーム中に何度も切ることになり、面倒。


より詳細な比較は、以下ブログをご確認ください。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
18toya
ニムト
ニムトの通販
なんと言ってもカードゲームでNo.1
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,200(税込)
マツジョン
マツジョン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 581興味あり
  • 5178経験あり
  • 1377お気に入り
  • 4039持ってる
プレイ感の評価
運・確率106
戦略・判断力114
交渉・立ち回り25
心理戦・ブラフ42
攻防・戦闘7
アート・外見3
作品データ
タイトル6 ニムト
原題・英題表記6 nimmt!
参加人数2人~10人(45分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1994年~
参考価格1,200円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マツジョンさんの投稿

会員の新しい投稿